ガラスコーティング 5

さて、施工直後は、感動的ですらある「エクスクリア」のスプレーですが、その数日後の雨で効果を確認してみました。
すると、

 

謳い文句通りの、「当日限り」の性能でした(爆)。

 

いや、全く効かないワケじゃないんですが、まあ、普通のコーティング剤レベルです。
ただし、もともとガラコだったかレインXだったかでコーティングしてあったガラスに、そのままスプレーをぶっかけてますから、その「効き」も、もともとのコーティングの効果なのか、エクスクリアの効果の残りなのかは判然としません。

 

雨が降っている最中でないと施工できませんし、その効果が当日限りではさすがに使い勝手がよろしくないです。
中身があるうちは、雨が降ったら窓を開けてピャーっとスプレーして使いますが、これから暑くなるこの季節、黒いスプレー缶を車内に残しておくのもちょっと心配。

 

 

無くなったらもう一回買うか、と聞かれたら、多分買わないなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

Filed under: グッズ — カーマくん 7:06 PM  Comments (0)

今年の狩り

蒸し暑い季節になってきました。
毎年、5月の下旬くらいから、蒸し暑い日が出始めると、ウズウズと動き出すのが、クワガタムシと、娘の「狩り」ゴコロです。

 

今年の「初狩り」は、6月のはじめくらいだったかと思われますが、もう数回出撃しています。
はじめは冬越しのヒラタクワガタが獲れ、6月の終わりくらいからは娘の大好きなノコギリクワガタが獲れ始めます。

 

一昨年まで格好の「狩り場」だった、街中の小さな森は、その冬ごろからサルが出没するとニュースにもなりましたが、そのせいか去年の夏からめっきり獲れなくなってしまいました。
代わりに、去年から通い始めたのが、高台のお墓です。
おサルさんと違って、幽霊さんはクワガタやカブトムシを食べないようで(そりゃそうだ)、こちらはそこそこ獲れます。

 

街中のサル山は、エリアが小さくて、獲れる木が4本くらいですから、そう時間もかからないんですが、高台のお墓はかなりエリアが広く、チェックすべき木も8本ほど点在しているので、結構時間もかかります。
懐中電灯と虫かご、釣りざおを改造した専用の虫網を持って、嬉々として真っ暗な夜のお墓を走り回っている父と娘。
ハタから見たらどう見えるんでしょうかね(笑)。

 

今シーズンは、オスベースでヒラタが4〜5匹、ノコギリが7〜8匹、コクワが3〜4匹。
大きな奴は、ケンカしないように100均の飼育ケースに小分けにしながら、そのケースももう4つ、大きなケースが大部屋の雑居房として1つ稼働しています。
そのうちカブトが獲れるようになるともう1つ2つケースが稼働する事になります。

 

もう中学生ですから、そろそろ狩りも卒業かと思っていたんですが、相変わらず、「強いのはヒラタなんだろうけど、ノコの角の曲がり具合がカッコいいよね」なんて言う中1女子、お父さんは大好きですよ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:22 PM  Comments (2)

ガラスコーティング 4

とは言え、そこそこ降ってる状態では、なかなか画期的な効果です。
違いがわかりやすいようにと思って、写真を撮ったんですが、残念ながら、写真だと今ひとつ違いが出ません。
動画の方が流れ落ちる様子がハッキリ撮れたかな?
でも、明らかに運転席側は、水滴が流れ落ちて、少ない状態です。

 

家に帰って、ガレージにクルマを納めて、しばらく経ってからフロントガラスを見たら、ワイパーで払拭した下の部分なんかに少し、液剤の跡が残っているのが見え、ちょっとイヤでした。
これ、昔、撥水コーティングのできるウォッシャー液を使ってた頃と同じような汚れ具合です。

 

さて、それなりの雨量がある時の効果は割とハッキリ確認出来た今回の「エクスクリア(滑水)」ですが、やはり気になるのは耐久性ですね。
実際、当日限りの効果なのか、性能が落ちてももう少し効果が持つものなのかは、この梅雨の間に確認出来るでしょう。

 

ワタシ、それこそ30年近く前にMR2を買った時、フロントガラスが超親水になっていました。
この時は、実は雨が降っても、全然ワイパー動かさないで大丈夫でした。
水がビチャーっとガラス全面に薄く広がって、多少像が歪むものの見づらさは全然感じませんでした。

 

ボディじゃそうはいかないかも知れませんが、フロントガラスは、「超親水」のスゴイ製品が出てきてもおかしくなさそうなんですけどね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 8:40 PM  Comments (0)

ガラスコーティング 3

さて、ワイパーで拭ってみたら、おお、なかなか見事な撥水ならぬ「滑水」っぷりです。
謳い文句どおり、確かに運転席側は、止まっている状態でもどんどん水滴が流れ落ちます。
これはなかなかトレビアン。
この時は、そこそこの降りだったので、水滴が割と大きめで、効果がより高かったようです。

 

走り出してみると、ちょっと面白い現象が起きます。
この時の雨は、普通ならワイパーを間欠の一番速いヤツにするか、間欠じゃない遅いヤツにするか迷うくらいの降りでした。
すると、時速20キロ過ぎくらいまでは、水滴は下に流れ落ちます。
その後、30キロくらいで動かなくなります。
重力と風圧のバランスが取れたんでしょう。
通常の撥水剤でワイパーを我慢してると時速50キロくらいまではこんな感じです。
で、時速40キロ弱くらいから「ワープ」が始まります。
つまり時速25キロから35キロくらいの間が鬼門ではありますが、その前後は、マジでワイパーいらないです。

 

とは言え、これはむしろ、そこそこの雨量があっての話で、帰ってくる途中で雨粒がかなり細かい感じに変わってきました。
こうなると、撥水だろうが滑水だろうが、耐久性が1日だろうが1年だろうが関係ありません。
間欠ワイパーに頼らざるを得ません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 8:42 PM  Comments (0)

ガラスコーティング 2

買ってきたのが、これです。

 

 

買ってらあとでネットで調べて知ったんですが、このエクスクリアとかいうシリーズ、3種類あるようで、
1 「滑水」はスプレー式で耐久性はなんと「当日」
2 「撥水(一年耐久)」は塗り込み式で耐久性は1年
3 「強力撥水」は塗り込み式で耐久性は2ヶ月
だそうです。
「撥水」と「強力撥水」は、今までの製品と大きくは変わらない感じですかね。
ワタシが買ったのは「滑水」タイプなんですが、えっ!? 耐久性「当日」って??
う〜ん、買う時、よく見なかっただけかもしれませんが、耐久性「当日」って、まあSiv並ってコトか?

 

使い方は、実に簡単なんだけど面倒。
雨の降っている時にフロントガラスにスプレーして、ワイパーで拭うだけと至って簡単。。
でも、雨が降っている時でないと施工できないのが面倒。

 

買った時が雨だったので、取りあえずフロントガラスの運転席側にスプレーしてみます。
3秒スプレーしろ、と書いてあるのでなるべくじっくりスプレーしますが、けっこう豪快に使うみたいです。

 

その後クルマに乗り込んで、ワイパーで拭いますが、う〜ん、こんなんでコーティングできるのか?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 8:39 PM  Comments (0)

ガラスコーティング 1

梅雨もいよいよ本格化して、週間予報では来週はずーっと曇りか雨みたいですね。
一口に雨対策と言ってもいろいろありますが、やっぱり定番はフロントガラスの撥水剤でしょうか。
ワタシも、かれこれ30年近く前、初めて「レインX」を試した時は感動でした。
時速60キロくらいになると、フロントガラスの雨粒が一斉にサーッと散っていきますが、その様子は、いろんなSF映画で宇宙船が「超空間」に入る時のイメージとそっくりです。
思わず「ワープ!」と口にしたくなる光景です。
フロントガラスの撥水剤も、いろんな製品が出ていて、もちろん塗りやすくなったり、効果の持続が伸びたり、時速60キロから「ワープ」に突入していたのが、時速40キロを謳い文句にしたりと、若干の性能アップはあるものの、ここ30年ほど、極端な進化は見られませんね。

 

フロントガラス以外なら「Siv」あたりがまさに「超撥水」で、水滴がほとんど付かないスグレモノです。
ただし、耐久性がほとんどないものだから、フロントガラスには全然使えず、ほぼサイドミラーにしか使えませんでした。
ここ数年、ちょっと応用技術が進んで、ホイールコーティングに使われるようになりました。
ワタシも度々ネタをアップしてますが、効果は絶大なものの、手で触るとすぐにコーティングが落ちちゃうので、汚れがたまってきた時に、どのタイミングでホイールを洗うか、ちょっと悩ましい感じです。

 

さて、大幅な進化が見られないフロントガラスのコーティング剤ですが、この前たまたまカー用品店で見つけたのが、カーメイトの「エクスクリア」という商品。
なんでも「撥水」ならぬ「滑水」を謳い文句にして、店のチラシではなんと時速0キロで水滴が滑り落ちるとのこと。
梅雨ですし、ネタもないし、ちょっと試してみましょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 7:13 PM  Comments (0)

ハンドル交換 5

さて、しっかり位置決めして、ワーヤーものを固定して、グリップ部分を取り付けます。
カッターで切っちゃったから、上手く付くか不安でしたが、グリップの内側は、ネットリした柔らかい(シリコンみたいな)素材で、付け直してもグリップはしっかりしてます。
そのまま行けちゃいました。

 

そんなこんなで、ハンドル交換、なんとか終わりました。

 

 

注意深い人は、この写真で気付いたかもしれません。
「完了」と思ったら、ベルを付け忘れてました(汗)。

 

全体像は、こんな感じです。

 

 

この後、方々のサビを取って、ホントに作業完了です。
自転車屋さんに頼めば数千円かかりますが、ご自身でやればタダです(エド風)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:00 PM  Comments (0)

ハンドル交換 4

ただの曲がった棒になったハンドル自体は、この錆びたボルトを6mmの六角レンチで緩めて引き抜きます。

 

 

代わりに新しいハンドルを差し込んで、中心部でしっかり固定して、ワイヤーものを取り付けようと思ったら、

 

 

あいたたた。
ブレーキのワイヤーが短くて、ハンドルの端まで届きません。
やむなく、一度中心部を緩めて、ハンドルの端からワイヤーものを通してから、もう一度中心部を締め付けます。

 

一手間余分にかかっちゃった。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:07 PM  Comments (0)

ハンドル交換 3

ハンドルを外すには、左右にあるブレーキレバーをはじめ、いろんなパーツを外さなくてはなりません。

 

 

5mmの六角レンチで緩めて外します。
その他、「ホーン」ならぬ「ベル」、「シフトノブ」ならぬ「変速レバー」も外します。

 

 

これらが取り外したワイヤーものです。

 

厄介なのはグリップ部ですが、これはカッターで切れ目を入れてベロンと行っちゃいます。
切っちゃいますから、あとで戻す時には、ボンドか何かでちゃんと付け直してやる必要がありそうですが、これ、カッター使わずに根気よく引き抜いていたら、一日仕事になっちゃいます。
それだけ、ガッチリ付いています。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:52 PM  Comments (0)

ハンドル交換 2

まずは、テレスコピック機能を最大限に活かしてみましょう。
テレスコ機能は、ハンドル取り付け部のこのネジを緩めると調整できます。

 

 

6mmの六角レンチで緩めて、ハンドルを引き上げます。
すると、3センチくらい上がりますが、逆に言えばこれが限界です。

 

 

ちょうどサビのない部分が、上がった分です。
でも、まだもう少し上げたいですね。
やっぱりハンドルを換えましょう。

 

てなわけで、ホームセンターへ行ったら・・・さすがに売ってません。
自転車屋へ回りますが、一軒目はお取り寄せでした。
二軒目に回ると、高さが低いの、中くらいの、高いのと3種類売ってます。
うんと高くしてやろうとも思ったんですが、そうするとブレーキのワイヤーが届かない恐れがあるので、中くらいの高さのモノを選びました。
1,580円(税抜き)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:43 PM  Comments (0)