80年代スポーツカー(スタリオン)

久々に「80年代スポーツカー」です。

 

三菱のスタリオンが出たのが、82年ですから、ワタシは高2ですか。
リトラクタブルヘッドライトをはじめ、随所に、当時の「カッコいい」を盛り込んだクルマで、実際ワタシも「けっこうカッコいい」と思っていました。
(決して「メチャメチャカッコいい」とは思ってませんでしたが。)

 

 

Bピラーがぶっとくて、リアゲートのガラスハッチを支える、ブラックアウトされた細いCピラー、というのは、RX−7(SA)なんかと共通のデザインで、ポルシェ924なんかとも似た、当時のスポーツカーの定番デザインでした。
90年まで作られますから、モデル末期では、ちょっと古くさい、武骨なデザインとなっていました。
2Lですから、5ナンバーに収まる全幅や、フェンダーミラー、14インチの70タイヤなど、時代のせいでちょっと残念なところが多いんですが、そのあたりのしがらみから解放してやりたかったですね。

 

このクルマに関しては、とにかくデザインの印象しかないんですが、この後のGTOにつながる、三菱のカッコ良さを狙ってるんだけどちょっと垢抜けないデザイン、けっこう好きでした(笑)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:04 PM  Comments (0)

プロ野球観戦 2

8月9日ですから、熱心な中日ファンの方は忘れられない日でしょうか。
ちょうど谷繁監督が休養に入ったその日の試合でした。
ヤクルトファンにとっても忘れられない日ですが、これは後ほど触れます。

 

ど平日の火曜日ですから、お客さんの入り具合もこんなもんです。

 

 

試合自体は石川と吉見の投げ合いで、地味な・・・渋い投手戦でした。
観に行ってる立場からすると、もっとパンパン打ち合ってほしいですけどね。

 

さて、完全にアウェーながらも、山田の活躍だけは見たと思っていたら、2回早々に引っ込んでしまいました。
中日ファンのみなさんも、山田が引っ込んだアナウンスで「山田だけは観たかった」と嘆いていらっしゃいました。
テレビならすぐ情報が入るのかもしれませんが、球場だとかえって情報が入りません。
肋骨の骨挫傷だそうですが、なんだよう、見るもの無くなっちゃったよう。
で、仕方なしに、ドアラのバック転失敗をカシャ。

 

 

まあ、それでも、外野の守備位置の微妙な動きとか、プロならではのグラブトスとか、充分楽しめました。

 

その後、兄貴と一杯引っかけて帰ってきましたが、なかなか楽しかったです。
ちなみに、試合は延長10回、中日のサヨナラ勝ちでした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:36 PM  Comments (0)

プロ野球観戦 1

最近は、プロ野球にほとんど興味がなくて、どこの球団にどんな選手がいるかもロクに知りません。
一応、ヤクルトファンではあるんですが、今知ってるのは山田くらいです。

 

かれこれ30年くらい前、関根監督のもと、池山や古田、広沢なんかが伸び伸びやっていた頃はホント好きでした。

 

そんな状態なので、もう何年もプロ野球を観に行ってないんですが、この前、兄に誘われて久々にナゴヤドームに行ってきました。
ナゴヤドームも、もう20年ぶりくらいです。

 

 

現状の順位で言えば目クソvs.鼻クソみたいな中日対ヤクルト戦ですが、まあ、球場の雰囲気だけ味わいに行ってきました。
中日ファンの兄がゲットしたチケットが、ライト側の外野席だったので、仮に山田が活躍しても、ガッツポーズもとれませんが、まあ、美味しいビールが飲めれば充分です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:43 PM  Comments (0)

夏休み(釣り編)

最終日は、例によって釣りです。
釣った魚は、持ち帰って捌いて食べるのがカーマ家の掟ですから、最終日に持ってこざるをえないワケです。

 

この時期は、サビキ釣りで小アジが狙えます。
小アジは、コンスタントに退屈せず釣れるのと、食べて美味しいので、海水浴後のレジャーには持ってこいです。
午前中の2〜3時間で、晩ご飯分は充分釣れます。

 

さあ、ウチに帰ってきて、捌きます。
今回の外道さんたち。

 

 

上から、ベラ、イシダイ、クロダイ、メジナ。

 

捌き終わった、本命さんたち。

 

 

このあと、美味しくいただきました。
ご馳走さまでした。

 

来年はカーマ子も中学生。
一緒に海水浴とか、行けるのかしら?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:10 PM  Comments (0)

夏休み(狩り編)

初日にカヤック体験で楽しんだ後は、狩り体験です。
ホテルの近くの小さい海水浴場の隅の岩場から、ヤスを持って出撃です。

 

ちょっと危ないので、カーマ子も最初はおっかなびっくりでしたが、だんだん要領をつかんできて、とうとう、小さな小さなカワハギの子を突いてきました。

 

 

その後、シュノーケリングで釣り糸を持って浮かびながら、魚の目の前にエサを垂らしてやるという釣り(狩り)方で、そこそこの大きさのカサゴを釣ってきました。

 

 

こんなこともあろうかと、今年は小型の七輪を持って行ったんですが、実戦投入出来てしまいました。

 

 

というワケで、2日目は、狩り体験でした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:04 PM  Comments (0)

夏休み(カヤック編) 3

水がバシャバシャかかるので、スマホは置いてきて、水没覚悟で持っていったコンデジでしか写真が撮れていません。
今回掲載している写真のほとんどは、インストラクターのお兄さんが撮ってくれた公式の写真です。

 

食事前後の遊びの時間では、カーマ子が大人もビビる4mほどの岩場に連れていってもらって、見事飛び込んでいました。

 

 

いやあ、よくやるわ、彼女。
ワタシには絶対無理。

 

そんなこんなで目一杯楽しんで宿に戻りました。
翌朝の親子の会話。
娘;「昨日は楽しかったね」
父;「来年もやりたい?」
娘;「やりたい! ってか、カヤック買おう」
と、娘が「買おう」と言い出すところまでは想定内でしたが、そこで
母;「昨日調べたけど、3人乗りだと15万くらいだよ」
!!
おいおい、お母さん、ノリノリじゃないですか。

 

まあ、カヤックを買うかどうかはともかくとして、それくらい楽しい夏の思い出でした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 10:33 PM  Comments (0)

夏休み(カヤック編) 2

基本2人乗りなので、娘がワタシと乗り、ヨメさんはリピーターの別家族のお母さんと一緒に乗ることになりました。

 

途中でいろんなお話を聞きながら、小一時間かけて、無人浜へ向かいます。
今回は、10組ほどのツアーでした。

 

 

無人浜でで2時間ほど遊びの時間がありますが、その時間の中でお姉さんがアウトドア料理を作ってくださいました。
これがまた絶品でした。
料理の名前はわかりませんが、ダッチオーブンを使って、鶏と豚と野菜とパンが煮込まれていました。
それに、マンガみたいな、ソフトボール大のおにぎりだったんですが、これも中の自家製梅干しが疲れた身体に染み透る感じで美味しかったぁ。

 

 

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:22 PM  Comments (0)

夏休み(カヤック編) 1

花火大会以降、小忙しくて更新してませんでした。
花火も、ホントはもう少し書く予定でしたし、サイドシルカバーの補修も途中で宙ぶらりんですが、ちょっと夏休みの出来事を記しておきます。

 

狩人である娘のカーマ子の夏休みは、年々過激なものになっています。
いわゆる「海水浴場」でビーチボールや砂山で遊んでいるような過ごし方は卒業してしまって、シュノーケリングをはじめました。

 

去年は一泊二日で海水浴に行ったんですが、初日は海水浴場(若狭の水晶浜)の隅の岩場で一日中浮かんでいました。
その時に、ヤス(5股のモリ)を見つけて、「来年はあれで魚を突きたい」と言い始めました。
そこで、今年は小さいヤスを買って持っていきました。
狩りの様子は後で書くとして、別ネタから入ります。

 

さて、今年の夏休みは、ちょっとだけ奮発して、二泊三日で出かけました。
宿を探していたら、「カヤック体験」ができるところがあり、家族3人でやってみることにしました。
もちろん3人とも初体験ですが、インストラクターのお兄さんとお姉さんのおかげで無事楽しめました。

 

一通りの説明を受けて、若狭の小さな港から出港です。

 

 

無事、帰って来られるでしょうか?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:00 PM  Comments (0)

岡崎の花火大会2016 2

岡崎の花火大会では、岡崎を流れる2本の川で行われます。
大きな矢作川沿いでは大玉が、市街を流れるやや小さい男川では中玉までの花火が連続して上がります。
我が家から見ると、左手に矢作川の大玉、右手に男川の中玉が見えますが、矢作川の方が遠いので、ちょうど同じくらいの大きさに見えます。

 

 

さて、あとは、ギャラリーです。

 

大玉の中に、沢山の小玉が仕込まれていて、いろんな色が出るもの。

 

オーソドックスなスターマイン。

 

最近の大玉は、中心と外側で色が分けられているものが流行っています。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:00 PM  Comments (0)

岡崎の花火大会2016 1

昨日は、岡崎の花火大会でした。
我が家では、毎年ベランダで焼き肉しながら花火見物をしています。
今までも、花火の写真に挑戦してきましたが、コンデジではなかなかうまく撮れず、手ぶれやピンボケの中からギリギリ見られるものをアップしてきました。
でも、せっかく去年一眼レフを買ったので、今年は少し勉強しておいて、そこそこのモノを撮りたいな。

 

設定を、備忘録的にメモしておきます。
まず、シャッターを押す時に手ぶれを起こすので、リモコン操作のできるレリーズシャッターは必須です。
設定をマニュアルにし、フォーカスもマニュアルにしておいて、明るいうちに「ほぼ」無限遠まで合わせておきます。
ただ、花火が上がったら実際に微調整をしないと、ピントが甘くなるようです。
基本の設定はISO100で、F11なんだそうですが、ウチから岡崎の花火だと、若干明るすぎるので、F16にしたりF22にしたりして、様子を見てみました。
シャッタースピードはバルブ(押している間だけ開く設定)にして、5〜10秒開放します。
コンデジだと、これが出来ないんだよなあ。
あ、あともちろん三脚を使いますし、手ぶれ補正はOFFにします(なんで手ぶれ補正はOFFなんだろう?)。

 

さて、準備が出来たら、あとは焼き肉を食べながら、適当にシャッターを押すだけです。
火の玉が上がりはじめたらシャッターを押し、花火が開き終わったらシャッターを離します。

 

で、こんな感じに撮れました。

 

明日は、写真集です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:20 PM  Comments (0)