206購入前

このあたりで、ヨメ号のプジョー206についても少しずつ書いておこうと思います。
206の前は、マツダのレビューでした。
あ、知らない方も多いかもしれません。
キョンキョンがCMして売れなかった唯一の商品と言われた、ズングリムックリのセダンです。
売れなかったとは言うものの、スタイル、パッケージなど今でも第一級だと思います。
特徴的なスタイルでしたので、クルマに疎いヨメさんでも、広い駐車場の中から見つけることができるという、偏った条件も満たしていました。
が、92年に購入して、8年あまり乗ったところで、さすがに方々ガタが来始めました。
そこで、急遽浮上してきたのが、206でした。
これも、もともとデビュー前に、どこぞのモーターショウで展示されたものが、雑誌で紹介されていて、一目ぼれしていました。
ちょうどその頃、ウチからクルマで5分くらいの所に、プジョーのディーラーが出来たとか、マイナーチェンジでエンジンがDOHCになったとか、私にとっては、好条件がそろい過ぎていて、まず陥落しました。
ディーラーでカタログを貰ってきて、ヨメさんに見せると、意外や好感触。
スタイルもいい上、かなり特徴的だったので、分かりやすいとのこと。
こうなったら一気呵成に押しきるしかありません。
値段も、素の状態のXTプレミアムで、200万円を切るという、「ガイシャって、もっと高いと思ってた」という絶妙な価格設定が効いて、Goサインが出たのでした。
エリーゼより半年ほど早い、2001年春のことでした。

Filed under: プジョー206 — カーマくん 9:48 PM  Comments (0)