クールファン

ノンエアコンのクルマにとって、暑さ対策は、どこまで行ってもキリがありません。
次にゲットしたのが、「クールファン」というシロモノです。
シートの背もたれ部分と、お尻の下にあたるクッションのようなものですが、小さなファンがついていて、そこから送られた風が、そのクッションの中を通り、背もたれとお尻の下に開いている無数の穴から吹き出すというなかなかのすぐれ物です。
すいません、写真が見つからないのと、現物もどこかへしまい込んでしまったので、写真がアップできませんが、ご存知ない方は想像力でカバーしてください。
本来、背もたれとお尻の下に敷き、シート前面下あたりにファンが来るのですが、エリーゼのように低いシートで、しかも乗り降りの度に前後にスライドするとファンが床に引っかかるので、発想とブツを180度回転して、お尻部分と背もたれ部分と両方とも背中に来るようにし、ファンはヘッドレストの上から後ろにかけて位置するようにしました。
これの効き目は、かなりあります。少なくとも、少し汗ばむくらいの陽気の時には、絶大といってもいいかもしれません。
じわっとかいた汗が風で冷やされて、気化熱を奪われるという謳い文句通りで、大げさに言えば、ちょっと風邪をひいて背筋がぞくぞくする時くらいの効き目です。
ちょっと背中がゴツゴツして、座り心地に悪影響が出るのに目をつぶれば、相当なスグレモノです。これ。
少し汗ばむくらいの陽気には、と断りましたが、しっかり暑い陽気になると、効き目が感じられなくなります。
いろいろな工夫をしましたが、真夏の命綱は、小型扇風機に尽きます。

Filed under: エリーゼ — カーマくん 8:37 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">