vs.ホンダビート

エリーゼを手に入れてしばらくした頃、ホンダのビートにも小一時間、乗らせてもらう機会がありました。
ちょっと山道なんかも走ったりして、堪能しました。
堪能し尽くしたかもしれません。
で、第一印象ですが、まず、「おっもしろーい!!」です。
ビートに乗った時には、エリーゼを持っていました。
車重がエリと同じくらい。馬力が約半分。
でも、感じとしては、エリより軽快感では勝っていました。
エンジンもヒュンヒュン回るし(これが軽快感に繋がったと思いますが)、マフラーがちょっとヤンチャなヤツに換えてあったせいで、音も気持ち良かったです。
ハンドリングなんかも、ちゃんと前輪に荷重をかけてやればクルクルとよく回るし、シフトチェンジもコクコクと気持ち良かったです。
だ・け・ど
第二印象は、「おっそーい」でした。
あえてたとえるなら、「30代後半のお父さんのかけっこ」です。
つまり、気持ちは10メートルくらい先を走ってるんだけど、体はついていかない・・・と。(自分に座布団一枚)
そして、そのことになかなか気づかないもんだから、足がもつれてコケる。
ビートでは「コケる」ってことはないでしょうが、とにかく、気持ちと実際の加速にギャップがあって、乗り出して30分くらい経つと、人によってはストレスを感じる可能性があるかな、という感じです。
それでも、超絶おもしろいクルマでした。
少なくとも、355や360よりも、身の丈に合っている分、楽しめました。
ホンダさん、900ccくらいで復刻してくれないかな。
ちょうど、ビートルもミニもチンクも復刻されてるし、幅をもう少しだけ広げて、800だと「エスハチ」とか言われちゃうんで、ぜひ900ccで。

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:16 PM  Comments (0)