vs.ボクスター

ポルシェのボクスターに乗る機会がありました。
もっとも、ほんの一回り、5分程度の試乗で、しかも雨降りだったので、じっくり乗り尽くしたわけではありませんが。
現行型のボクスターで、2.7のティプトロです。
マニュアルの方がよさそうですが、相変わらず左ハンドルは苦手なので、ティプトロをオートマで乗る方が、いらないことに気を遣わなくて済みました。
雨で、コースも短かったので、エンジンをあまり引っ張ることができませんでしたが、ちょっとスピードが乗ると、よく回って、回転に応じたパワーが素直に出てくる感じでした。
が、これは、オートマだからかエンジンの特性か、そっと発進しようとちょっとだけアクセルを開けた時は、非常に反応が悪くて、ん? と思って、もう少し踏み込むとワッとパワーが出るという、ちょっとした扱いにくさを感じました。
ハンドリングは、試せる状況ではありませんでしたが、まあ、切った通りに曲がる、素直なイメージでした。
隣の担当の方が、「エリーゼと比べてどうですか?」と尋ねるので、「ちゃんとしたクルマです」と答えておきました。
実際、室内のつくりなんかは、誰からも文句は出ないでしょう。
SLKとボクスターで迷う人はいても、エリーゼとボクスターで購入を迷う人はほとんどいないと思いますが、外見や金額からライバルと思う人は、どちらも一度乗ってみる(室内に入るだけでも)と、もう迷わないでしょう。
自分が求めるのはどっちか、すぐに結論が出ると思います。
もちろんより万人向けなのがボクスターで、こちらなら誰でも安心してスポーツカーの世界に入れると思います。
ある意味、「入り口にして究極」がボクスターでしょうね。
ボクスターなら、そのままゴールインしてもいいし、物足りなければ911やフェラーリに行ってもいいし、道を踏み外してエリーゼに来てもいいのでしょう。
こういうクルマが、スポーツカーのすそ野を広げてくれると、もっともっといろんなスポーツカーが世に出てくるんでしょうけどね。
ちなみに、8月の登録台数では、ロータスが34台、ポルシェが136台、フェラーリが36台でした。
ロータスって、ポルシェの3分の1も売れてるんだ。
ちょっとびっくり。

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:38 PM  Comments (2)