vs.ヨーロッパS 1

ヤボ用で、ACマインズさんに行ったら、新型ヨーロッパの試乗車があり、乗る機会をいただきました。
ブログの、最初の方の記事を読んでいただければわかると思いますが、昔のヨーロッパには、思い入れはあまりないんです。
とはいえ、普通に憧れのクルマの一台ではありましたし、だから、新しいヨーロッパがどんなふうになっているかも興味はありました。
エリーゼをベースにしたGTカーというポジションだと思うのですが、うーん、どうなんでしょう?
そもそも、昔のヨーロッパって、乗ったことはないので偉そうなことは言えませんが、たぶん私の年代の多くの人がイメージしる以上に、高級志向ですよね。
だから、「ヨーロッパ」という名前で高級志向なのはいいとして、「高価格」さ加減がどうなんでしょうか。
値段的にはボクスターやケイマンあたりとモロにバッティングします。
SLKやBMWのクーペなんかもカブってきます。
ブレラやスパイダーはもっとお値打ちな価格設定です。
そんな中で、ヨーロッパを選ぶ人って、正直、想像つかないんです。
エリーゼやエクシージに乗る人以上にへそ曲がりでないと・・・。
エリやエクは、「いらんものを捨てて軽くするために最新技術を使った」という、自分に、もしくは周囲に対する大義名分が成り立つのですが、ヨーロッパの場合、それにまたいろいろくっつけて重くしたわけで、「ドイツ車は嫌いだ! でも、イタリア車に乗るほどエッチじゃない! でもエリーゼに行くほどバカじゃない!」って人しかヨーロッパには来ないと思うんですが、そういう人が、いったいどのくらいいるんでしょうか?
いや、案外こういうニッチなところに鉱脈があるのかもしれませんが・・・。
一方、エリーゼは、今やエアコンも標準装備され、どんどん快適性を増しています。
よほどヨーロッパらしい「売り」が必要だと思うんですが。
「いいクルマ」だけどヒットしなかったM100エランじゃありませんが、ロータスって、ヒットしない「いいクルマ」いっぱいあるような気がします。
大きなお世話と言えばそれまでですが、こちらにあまり力を入れすぎて、ロータス本体が傾かなきゃいいんですが・・・。
おっと、長くなってしまいました。
肝心な「試乗」は、次回ということで。

Filed under: 試乗 — カーマくん 3:45 PM  Comments (0)