vs.スカイラインクーペ370GT 1

新型のスカイラインクーペに試乗してきました。
スタイルは、旧型とそんなに大きく変わってないようにも見えますが、ドーンとおおらかでアメリカンな旧型に比べると、抑揚がついてて、ちょっとイタリアンなラインになってます。
好みで言えば、圧倒的に新型の方がカッコいい。
ちなみに、なんだかサイドウィンドウの形がおかしい新型GT-Rより好き。
(GT-Rは、もう、スカイラインじゃないんですね)
乗り込むと、シートの前後も、ステアリングのチルト&テレスコもみんな電動。
ちょうど電動調整式のドアミラーをいじる感覚です。
エンジンは、最近流行りの、ボタン式。
何ででしょうね? これ流行ってんの。
別に、個人的には好きでも嫌いでもないんですが、古いタイプの人間なので、「キーを差し込んで捻る」のが、クルマのエンジンをかける儀式という思いがあるので、若干抵抗があります。
それに、ネコも杓子もってのがちょっと・・・。
まさか、アイドリングストップをしやすくするためなんて言わないでしょうね。
内装関係で言うと、リアシートは、思いのほか座面が長くとってあり、立派なものでしたが、ここまで座面が長いと、前のシートとの空きスペースが大丈夫か? という感じでした。
また、トランクは、いやあ、さすが、クーペ。 狭っ。
「狭い」というより「浅い」感じで、このあたりは、FDを彷彿とさせました。
でもって、笑っちゃったのが、トランクのウラ(だったかな)に、ゴルフバッグを2個積むための、積み方イラストのステッカーが貼ってあったこと。
フェラーリなんかも、ゴルフバッグが積めることを随分気にしているそうですが、ゴルフバッグが積めることって、クルマにとってそんなに大事なんでしょうかね。
ワタシはゴルフをやらないので、全然わかりませんが、クルマにこだわる人と、ゴルフをする人の接点が、あまり見つからない気がするんですけどね。
そんなわけで、続きはまた明日。

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:19 PM  Comments (0)