MR-2(SW20)G-Limited 4

MR-2には、8年ちかく乗ってましたので、いろんなところをチビチビといじりました。
最初期型のMR-2は、純正で14インチのアルミを履いていました。
ハンドリング云々の以前に、ちょっとショボイ感じでカッコ悪かったので、まずは15インチに換えました。
すいません、すぐカッコ重視に走ってしまいます。
14インチにはスタッドレスを履かせて、冬専用にしました。

でも、MR-2・・・というより、今までのクルマ生活の中で、最も劇的な効果だったのが、エリのパイパークロスと、MR-2のショックです。
例の揺り戻しが苦になるので、ショックアブソーバーを交換することにしました。
ここで、いろいろと相談に乗ってくれて、その後ずっとおつき合いができたのが、前にちょっと書いた「岡崎キャンバス」さんでした。
予算は特に決めてなかったのですが、まあ相場からすると10万円くらいかなという感じでした。
ショックのメーカーなんて、実はあまり良く知りませんでした。
アニキがレビンの時にビルシュタインに換えて、やけに感動していたので、ビルシュタインは良く知ってました。(というか、知ってたのはビルシュタインくらいでした)
キャンバスさんでは、実は一番いいのは「オーリンズ」だけど20万円だから高いね、ってなことを教えてもらい、結局10万円くらいのショックに決めました。(どこのだったか忘れちゃいました)
ウチに帰ってくると、「でも、20万で最高のものが手に入るなら、そっちの方がいいかな」と思い直しました。
この頃は、独身で、若干小銭も持ってたのもありますが、MR-2は気に入っていたので、永く乗るつもりだったのもあります。
翌日、キャンバスさんに電話して、20万のオーリンズを発注してしまいました。

Filed under: 昔話 — カーマくん 1:36 PM  Comments (0)