アストンマーティン

行ってきました。
岡崎からトコトコと名古屋まで。
アストンマーティンを見るためだけに、アストンマーティン名古屋まで、片道40キロ。
プロフィールの所にも書いてありますが、ワタシ、アストンマーティンのV8ヴァンテージが好きなんです。
でも、実車を見たことはありません。雑誌とかの写真だけです。
で、今日は、午後、たまたま体が空いたので、出掛けてきたわけです。
どうでもいいことですけど、アストンマーチンだと思っていましたが、アストンマーティンだそうです。(ディーラーのHPに「アストンマーティン名古屋」と書いてありました。
さて、アストン名古屋には、今、展示車としてV8ヴァンテージと、そのロードスターの特別仕様車、そして、最新鋭のDBSが置いてあります。
一番はじめに目に飛び込んでくるのがV8ヴァンテージですが、かっっっっっこいー!!!!
写真よりずっといいです。これ。オーラが出てます。
人によっては、フェアレディZやスープラあたりと区別がつかない人もいるかも知れませんが、全っっっっ然違います。
V8ロードスターも、きれいなスタイルで、うーん、どっちにするか迷ってしまいます。(と、本気で言ってみたいです)
DBSは、ド迫力でした。お下品になるギリギリのところでちゃんと踏みとどまってます。
ヴァンキッシュの後継かと思ったらそうでもないらしいですね。
高級志向のヴァンキッシュとは違って、スポーツ志向だそうです。
でも、ヴァンキッシュは生産終わってるそうですが。
これ、一番新しいボンドカーですね。
これなら、マシンガンだの何だのの装備をつけなくても、普通の人ならひれ伏します。
どうでもいいことですが、個人的にはボンド役は先代のピアースブロスナンが一番だと思っています。(きっと、私よりもう少し上の年代の方は、バカ野郎! ショーンコネリーに決まってるじゃないか、とおっしゃると思いますが、ワタシがモノゴコロついた時にはボンドはロジャームーアになっちゃってました。そんなわけで、ショーンコネリーのボンドって、あんまりイメージにないんです)
これもどうでもいいことですが、ゴルフバッグはV8ヴァンテージのクーペのみ搭載可能だそうです。
やっぱりみなさん、そこまでしてゴルフバッグにこだわるんですね。
お店の方は、とっても親切で丁寧に対応してくださいましたが、名刺も頂けなければ、こちらの名前も聞いてもらえませんでした。
カタログも極々簡単なパンフレットしかもらえませんでした。
くっそー、いつかひとヤマ当てて、ふらっとお店に入っていって、セールスじゃなくて、受付のお姉ちゃんに、「これ一つ包んで」って、ヴァンテージを指さしてやるからなー。(誤解のないように書き添えておきますが、セールスさんは丁寧な対応をしてくださいましたよ)

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 4:42 PM  Comments (4)