納車

納車は、11月3日と決まりました。
岡崎までキャリアカーに載っけてきてくれるそうです。
ウチは、昔書いた気がするんですが、道が細いし、あまりご近所様に喧伝するのも気が引けたので、保険でお世話になっている近くの町工場的な自動車整備屋さんにお願いして、スペースを少し借りる事にしました。
またまた、「奥さんはご存知なんでしょうね」と疑われました。
めでたく引き渡しも終わり、新鋭の111Rが載せられてきたキャリアに積み込まれて運び去られる初号機を見ていたら、涙が出そうになりました。
あんなに恋い焦がれた末に手に入れたクルマなんですが、自分は案外冷たい人間に思えました。
納車時に、ちょっぴりフロアマットが湿気っていたのが気になりましたが、このことで大騒ぎするのは、もう少し後の事です。
午前中に納車を済ませて、昼過ぎに、お腹の大きいヨメさんを無理やり助手席に押し込んで、初号機の納車の時にも行った、英国風の喫茶店まで、アフタヌーンティーをしに出かけました。
振動で産気づいてしまったらどうしようかとちょっぴり不安でしたが、初号機と比べて、望外に乗り心地がよく(昔乗らせてもらったTMR号に近い雰囲気)、世界初の「エリーゼ車内で出産」などというギネス記録は実現しませんでした。
これは、儀式的にやっておきたかったのと、今ヨメさんを111Rに乗っけておかないと、下手すると、ヨメさんは一生111Rに乗る機会がないかもしれない(ヨメさんにとってはちっとも構わないかもしれませんが)と思ったためです。
実際、その後ヨメさんは111Rに乗ってません。
トヨタエンジンとか、ABS付きのブレーキだとかは、そのうち嫌でも体感できるだろうと思って、焦らなかったのですが、エアコンは、ちょっと楽しみではありました。
なんせ、スイッチ一つで確認できるのですから。
で、スイッチオン。
11月だし、シンプルなマニュアルエアコンだし、さぞ冷たい風が吹き出すんだろう・・・あれ?
いつまでたっても冷たい風が出ないぞ。
エンジン回転も変わらない。
・・・コンプレッサー、動いてないじゃん。
てなわけで、一ヶ月点検でのクレーム修理項目第一号発見です。
この先が思いやられる・・・とは、実は思ってなかったんですけど、結果的に思いやらなきゃイケナイことになるとは、思ってませんでした。

Filed under: 111R — カーマくん 6:15 PM  Comments (0)