エンスト 1

まだ、これから冬に向かうタイミングなので、エアコンが効かない事くらいは、問題ではありませんでしたし、雨漏りも何とか自分で対処できるレベルでした。
この111Rの最大の問題点は、エンスト癖だったのです。
誤解のないように書いておきますが、ワタシは大して運転がうまいわけではありませんが、20年以上、ずっとマニュアル車に乗ってます。
発進しようとしてスットンとエンストさせるわけではありません。
FDの時と似た症状とも言えるのですが、アクセルオフでそのまま落ちるのです。
ただ、FD のように、走行中でそれなりにスピードが出ている時に落ちるのではなく、極低速時です。
例えば、右折の時、前のクルマが一台行って、その分前に詰めたりする時に、ちょっとだけアクセルを踏んで動かし、右足はブレーキに踏み替え、左足はクラッチを踏んで動きを止めますよね、その時に、アクセルオフで普通アイドリングの800回転くらいで止まるわけですが、そのまま400回転くらいまで落ち、運がいいと踏みとどまってくれて持ちこたえるのですが、運が悪いとそのままストンと。
冷静に動きを見ていてもらえれば、減速時にストールするのでわかると思いますが、ハタから普通に見ていたら、ただの下手ッピにしか見えないですよね。
カッコ悪いことこの上ない。
でも、そんなことより、危ないのです。
これは早速クレームで、購入した某大手輸入代理店のW氏に言って、診てもらいました。
しかし、同じような状況を作っても、必ずしもストールするわけではなく、不定愁訴的に症状が出るので、原因が特定できずに、結局対策も取られないまましばらく様子を見ることになってしまいます。
アイドリングを少し上げてもらったりしましたが、今のクルマは、そんなことしてもすぐに「お利口」なコンピューターが勝手に補正してしまうので、焼け石に水でした。
一ヶ月点検でも、エンストについては周辺の微調整程度にとどまってしまいました。
エアコンについては、「はじめからガスが入っていませんでした」ということで、ガスを補充・・・じゃないな、注入してもらって、初めてエリーゼから吹き出す冷風を体験できました。
が、エアコンについては、まだ後日談が待ち受けています。

Filed under: 111R — カーマくん 4:58 PM  Comments (0)