ネットオークション 2

ネットオークションといえば、ワタシ、大学の頃から(今でもですが)、ディーラーまわりが趣味の一つでした。
で、いろんなクルマのカタログを集めていました。
ちょうど、エリーゼを手に入れて間もない頃、妙に達成感があって、カタログをオークションにかけました。
そのまま取っておいてもよかったのですが、自分が趣味として集めたものが、いったいどのくらいの価値になるのか知りたいという「なんでも鑑定団」的な興味もあって、ついついオークションに出品してみたんです。
すると、箸にも棒にもかからない物もあれば、びっくりするような高値が付いたものもあって、相当驚きました。
たしか、一番高かったのが、アルシオーネの特別仕様車のパンフレット(カタログじゃありません。二つ折りのペラペラのパンフレットです)で、3000円だったか5000円だったか、そんな感じの値段でした。
アルシオーネのちゃんとしたカタログもそれなりの値段で売れましたが、パンフの方がかなり高かったのが意外でした。
アルシオーネファンの方か、スバルファンの方か、とにかくマニアの世界の奥深さを見たような気がします。
その他のカタログも、結構500円から1000円くらいで取り引きされたものも多かったですが、全然入札が入らない、人気のないものもかなりありました。
オークションでのカタログの人気度が、必ずしもクルマ自体の売れ行きや人気度とは比例していないのも興味深いですね。
マニア度と比例しているというか・・・。
FDの時にずっと買っていた「RX-7マガジン」(3ヶ月に一冊くらい出てた専門誌で、12冊くらいのセットだったかな)も、びっくりするような高値で落札されました。
やっぱりヴァンケル・ユニット(わざとこじゃれた言い方をしてみました。この言い方、マニアっぽくて好きです)乗りのみなさんも、マニア度が高くていらっしゃる。
さて、話を昨日の続きに戻しますが、マフラーなどが思いの外高額で売れたので、これがまた、次の「クルマいじり」の資金になっていきます。
そんな意味でも、ああ、命はつながる・・・。

Filed under: 111R — カーマくん 7:56 PM  Comments (0)