パルサーEXA

パルサーEXAがデビューしたのは、高校2年の時です。
笑われるかもしれませんが、これも好きでした。
まあ、今で言うとなんちゃってスポーツカーとかけなされそうですが、当時は、こういう乗用車ベースのクーペって、結構ありましたよね。
ズングリした2ボックスのパルサーをベースに、リトラクタブルライトにし、Cピラーを垂直近くに切り落とし(T11なんかと似た手法)、リアエンドがダックテールになっているという、とっても分かりやすい「スポーティ」カーです。
特にリトラクタブルヘッドライトは、スーパーカーの証ですからね。
日産としては、70系のレビン/トレノ(71? 72?)にぶつけたわけですかね。エンジンはデビュー時でE15という、普通のエンジンとしてはよく回る、元気のいいエンジンで、よく頑張ってましたが、レビン/トレノが86になって、4バルブツインカムを積んじゃったおかげで、うっちゃられてしまいます。
後にターボが積まれることになりますが。
でも、このクルマ、さっき「なんちゃってスポーツカー」と言いましたが、「カッコ優先」という、ある意味面白い割り切りがあったように思います。
「カッコ優先」で、何が悪い? 今のクルマに「○○優先」と言えるクルマがどれだけあるでしょうか?
思わず力が入ってしまいましたが、実際、カッコ優先のクーペがもっと出て来て欲しいですね。
余談ですが、パルサーEXAは、新谷かおる先生のマンガ「ふたり鷹」の、派手なお母ちゃん(普段コルベットなんですが)が、なんかのきっかけでEXAを振り回していて、マンガの中だと、一層カッコいいな、なんて思いました。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 3:52 PM  Comments (0)