EXA

本日、40000アクセス突破しました。
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
パルサーEXAのあと継ぎさんは、何故か「パルサー」がとれて、単純に「EXA」となりました。
コイツがデビューしたのは、大学在学中で、トレノに乗っていた時期でしたが、これも結構欲しかったクルマです。
「キャノピー」という、ワゴンっぽいスタイルになるタイプと、「クーペ」という、ノッチバックのハッチバック・・・ノッチバックスタイルですが、リアウィンドウごと開くタイプの二種類がありました。
日産は、「クーペ」と「キャノピー」に互換性を持たせて二つのスタイルが楽しめる、ってな風にしたかったらしいですが、どうも運輸省の認可が下りなかったらしく、日本国内では互換性なしとされたみたいです。
確か、雑誌なんかでは、頭のカタイお役所的に運輸省を叩いていて、個人的にも、互換性くらい許してくれてもいいじゃないか、と思いましたが、まあ、現実問題として、オプションでもう一つのハッチを買って、時々取り換えるというユーザーが、日本にいったい何人いたかは疑問です。
外したハッチを置いておくスペースもなかなか確保できないでしょうしね。
(クルマの部品って、外すと異常に大きいですよね)
ただ、現実問題はともかく、一つのクルマで二通りのスタイルっていう発想は、夢があって面白いと思うのですが。
でも、とにかくハッチの取り外しは可能だったようで、Tバールーフと合わせてオープン的な使い方もできたようです。
(外したハッチの代わりにつけるソフトトップ・・・トップじゃないか・・・幌も売ってた気がします)
大学の帰り道にディーラーがあったので、試乗させてもらいました。
前にトレノのところで書きましたが、CA16DEは、トルクフルで、一般道で走る分には多分「名機」とうたわれた4A-GEよりパワーがあると思います。
それ以外の印象は、あまり残っていないのですが、クルマもあまり残っていないのか、最近あまり見ませんね。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:19 PM  Comments (2)