レビュー 4

調子に乗って、ショックアブソーバーも換えてやろうということになりました。
ところが、ちょっと調べたくらいじゃ、なかなかレビューのショックって見つかりません。
(当時は、インターネットも普及していない・・・我が家になかっただけかな・・・時代でした)
で、岡崎キャンバスさんで、あらゆるショックアブソーバーの会社の製品カタログをあさりまくりました。
岡崎キャンバスさんは、ぶらっと出掛けていって、そういう資料を好き放題調べさせてくれます。
で、調べる用に、製品カタログなんかが、客にも閲覧できるように整理してあります。
でも、さすがに苦戦しました。
国内で、「レビュー」用のショックアブソーバーは、アフターパーツとしては出ていませんでした。
ヨーロッパには、「Mazda121」の名前で輸出されていたので、そちらでも調べてみました。
ちょうど、KONIの、ヨーロッパ版のパンフレットがあって(なんでそんなものがあったのかは不明)、そこに載っていたのです。
そうして、お船に乗って、はるばる日本にやって来るまで、2ヶ月くらい待ち、とうとう装着にこぎ着けました。
今考えてみると、MTのレビューで、ショックをKONIに換装しているモノは、相当少なかっただろうと思います。
レア車と呼んでください。
効果てきめんだったアルミ化とともに、相当「アシのいいヤツ」になりました。

Filed under: 昔話 — カーマくん 7:41 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. クルマを乗り始めた頃に、いきがってKONIのダンパーを入れてステアリングのアソビをなくしてもらったことがあります。
    「アシのいいヤツ」どころか、恐ろしくて高速なんか乗れないクルマになってしまいました。
    ステアリングのアソビを元に戻してもらったら、イイヤツになって、アシ回りの大切さを知りました。
    昨日のエアの件は、考えてみればマニュアルがあるので見てみようと思います。
    このマニュアル、EXIGE/ELISE Rのモノなんですねえ。いろいろと書いてあるんですけど、Sについては最後の方に2ページほどエンジンの仕様なんかがオマケで書いてあるだけです。ちょっとトホホです。

    コメント by yuk — 2008年1月31日 11:12 AM
  2. アシ回りって、ホントに大切だと、MR-2(初期型=アシの悪いヤツ)と、レビューで学びました。
    奥深さもTMRのSTDで知りました。
    Sは、おまけ程度でも、日本語で書いてあるのはロータスにしちゃ上出来です。
    並行のSTDの時は、英語だったので、ホントに泣けました。

    コメント by カーマくん — 2008年1月31日 12:14 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">