コルディア

三菱のコルディアというクルマ、ご存知の方のほうが少ないかもしれません。
1981年の東京モーターショーで発表された時は、16歳のワタシは、「ああ、なんて未来的なスタイルのクルマなんだ」と思いました。
いや、今にして思えばどってことない感じもしますし、評論家や、クルマ通の方々の評価は今ひとつだったんですけどね。
3ドアのクーペなんですが、その頃、何となくクーペのリアハッチは、傾斜が緩やかであればあるほどスタイリッシュ、のような流行だった中、ルーフをかなり後ろまで伸ばし、ハッチはフロントガラスと同じくらいの傾斜で、クーペにしては結構急傾斜。
リアエンドは、ちょっとダックテール風に跳ねていて、全体として、ちょっと未来的なイメージでした。
翌82年に、姉妹車の4ドアセダン、トレディアとともに発売されましたが、カッコよかったです。
初代のFTOから、ランサーセレステ、コルディア、二代目FTOと、三菱のこのラインのクーペって、好きなクルマが多いです。
どれも、ワタシのようなクーペ好きの素人に喜ばれそうな、わかりやすいカッコよさを持ってるんですね。
1600(のちに1800)のターボで、(ワタシ個人には)ミラージュでもおなじみのスーパーシフト付きの4×2速でした。
メーカーレベルにとってはかなりお手軽にパワーアップできるためか、当時はターボ車って多かったですね。
三菱って、カッコいいクーペを作るんだけど、なんか作ってて根気がなくなるのか、はじめはバーンと宣伝して、バンバン売って、1年くらいすると、急にやる気なくなって販売も力を抜いている気がします。
だから、コロコロと車名が変わってるんじゃないでしょうか?
ちょっとスタイリッシュだから作って、最初は気分よく売って、そのうち売るのに飽きちゃって、同じクルマの二代目はやめちゃって、ちょっとだけ間をあけて、別の名前で売る。
またしばらく別の名前で売ったら、ふっと思い出したように、昔の名前を使ってみる。
この方式は、クーペだけでなく、三菱車全部に言えることですけどね。
こういったところが、若干ポリシーに欠ける印象を与えてしまうのかな。
予言しておきましょう。
5年くらいの間に三菱は「ミラージュ」の名前を復活させるはずです・・・問題を起してなければ。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:43 PM  Comments (6)

ミニ・デ・トマゾ

前に書いたと思いますが、高校くらいの、免許のない頃は、スポーツカーも嫌いじゃなかったんですが、それよりもむしろ、ベビーギャングと呼ばれた小さな2BOXカーで、スポーツカーを追いかけ回すのがカッコいいと思っていました。
ちゃんとした定義は知りませんが、自分の中の印象ではベビーギャングは、ボーイズレーサーより若干小さめで、80年代(前半)で言えば、ミニ・デ・トマゾやA112アバルトなんかが典型で、ゴルフGTIとかリトモ・アバルトなんかはボーイズレーサー、という区別をしてました。
今は、良く走る2BOXは、とにかくホットハッチとか呼ばれてて、下手すると3ナンバーになってるイメージです。
さて、そんなベビーギャングの中で、特に憧れていたのが、イノチェンティ・ミニ・デ・トマゾでした。
まともな資料なんかほとんどなくて、「間違いだらけのクルマ選び」にチラッと載ってたり、たまに雑誌に紹介されるくらいでしたので、ほとんどスタイルに一目惚れ、というレベルでしたが。
当時、A112アバルトなんかとライバル扱いでしたが、ミニ・デ・トマゾの方が「踏ん張ってる感」があって好きでした。
両車がどのくらいのセールスを収めたのか知りませんが、今、雑誌なんかの中古車で紹介されてるのは、圧倒的にA112の方が多いですね。
(・・・と言っても、知れてますが)
A112は、今でもたまに見ますし、今は、状況が許せばこれも欲しいんですが、ミニ・デ・トマゾは、ほとんど見ません。
というより、生涯の中で、片手くらいしか見たことがない気がします。
わんさか出ている日本の軽で、こんな雰囲気のクルマを出してくれるメーカーって、どっかないかな。
もちろん、やってくれるとしたら、シャレード・デ・トマゾのダイハツが最有力なんでしょうが。
シャレード・デ・トマゾは、実際売られた二代目にデ・トマゾ仕様がありましたが、ショーモデルには、初代シャレードのデ・トマゾがありました。
これ、好きだったなあ。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:14 PM  Comments (4)

2人のセブンシーター

ホンダのストリームというクルマがあります。
先代は、5ナンバーで、それほど背の高くない7シーターという、新しい(と言われた)コンセプトで登場し、けっこう売れちゃったもんだから、トヨタ様の逆鱗に触れ、ウィッシュなんていう対抗馬をぶつけられて、つぶされちゃいました。
ウィッシュが出た時に、ストリームの欠点をすべてつぶしてマイナーチェンジしたクルマみたいだ、と言われたものでしたが、あまりに露骨なトヨタのやり方には、ワタシに限らず、クルマを好きな人たちからは、少なからぬ反発があったようです。
もちろん、一番頭にきたのがホンダで、ストリームのマイナーチェンジの時のCMのコピーが、「ポリシーはあるか」でしたから、「あーあ、言っちゃった」と、心の中で思いながら、判官びいきで応援していまいたが、やっぱりウィッシュにはコテンパンだったようです。
そんなストリームも、フルチェンジして、メインコピーが「フォルム・クライマックス」ということで、ずいぶんカッコいい、クーペチックなスタイルになってきました。
まあ、カッコいい7シーターも、そりゃ、あってもいいですけどね。
いろんな事情で、カッコいいクルマには乗りたいが、事情があって、イスは7つ必要って人もきっといるんでしょうから。
ただ、欲張ってるクルマは、未練がましいとか、貧乏臭いとか、そういうマイナス評価をする人もいそうです。
一番の狙いに、一番かなったスタイルがいいと、個人的には思います。
さて、その新型ストリームですが、先日何気なくテレビを見ていたら、ストリームのCMをやっていて、その中で「2人のセブンシーター」ってなセリフが聞こえてきました。
危うく聞き逃すところだったのですが、あれ? これ、どういう意味だ?
2人だったら、セブンシーターもいらないじゃんか。
なんか、冗談で言ってみたのか、「小さな巨人」みたいな、矛盾を含んだ表現の名作にしたかったのか、とにかく言いたいことが意味不明です。
なんか、ちょうど「デュエットクルーザー」みたいな響きだったんで、うっかりしてました。
前からこのコピーだったのかなあ。
ホンダは、いったい、ストリームで何をしたいのでしょうか?
こういう中途半端さが、案外命取りになったりするんじゃないでしょうか。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:01 PM  Comments (2)

vs.プリウス 5

しめくくりに、プリウスについて、セールスのお姉さんから聞いたりしたことも報告しておきます。
カーマくん「で、燃費はどのくらい?」
お姉さん「カタログには、35キロとか書いてありますが、そんなに行きません。よっぽど上手に乗って29キロ、普通で25キロくらいしか行きません。」
(・・・それ、イヤミ? 自慢?)
バッテリーを使って、モーターで動く(時がある)プリウスですが、バッテリーといえば、先日、206のバッテリーが逝っちゃいました。
プリウスは、普通のクルマも積んでいる電装系のバッテリーと、モーター用のバッテリーの、2種類のバッテリーを積んでいるそうです。
たぶんそうだろうとは思っていましたが、もしかすると一緒かも、なんて思ってもいたもんで、確認できてよかったです(って別に良くもないですが)。
で、いわゆる電装系のバッテリーは3年くらいで逝っちゃうんですが、モーター用のバッテリーは何年くらいもつの? と聞いてみました。
お姉さんは、若干口を濁して、「何年とは正確に言えませんが、現行型になってから、バッテリーが逝っちゃったという情報は1件もトヨタに寄せられていません。普通のエンジン並にもつんじゃないでしょうか」とのこと。
えー、バッテリー、そんなにもつんだ、といのはちょっとビックリです。
「ただ、交換となると、ウン十万かかってしまいます」って、うーん、プリウスって、10年乗れるクルマなんだろうか?
バッテリーの切れ目が縁の切れ目、みたいな乗り方の人が増えないかしら。
燃料費が安いからという理由でプリウスを選ぶ人はいいんです。
でも、ハリウッドスターのように、「エコ」をアピールしたくてプリウスに乗る人には、是非10年20年乗って欲しいものです。
だって、クルマ1台作るのって、絶対環境に厳しいはずです。
買い替えるより、1台のクルマに長く乗った方が、どれだけエコかわかりません。
その意味で、「グリーン税制」でしたっけ? 10年以上クルマを大事に乗った人には、ご褒美で税金を上げてくれるという不思議な税金システム・・・もわけが分かりませんが、この件は、わけが分からないのでこれ以上書きません。
トヨタが、この素晴らしいプリウスに、えせエコロジストたちの「流行りモノ」のイメージを持たせてしまったのは、トヨタの罪なんじゃないでしょうか。
(しかも、それをカタログで謳っている)
トヨタくらいの影響力の大きい会社ともなると、もう少し、売り方にも気をつけないと、いつか自分の首を絞めることにならなきゃいいんですが。

Filed under: 試乗 — カーマくん 4:05 PM  Comments (4)

vs.プリウス 4

それにしても、プリウス、いろんな意味で裏切られました。
ボロクソ書けません。
これ、相当いいです。
とりあえず、短い試乗の間に見つけられた欠点は、バックミラーを通しての後方視界の見づらさとスタイルくらいです。
ハイブリッドとしての妙な違和感や使いづらさは見当たりません。
普通によくできた、よく走る、そして異常に燃費のいいクルマです。
これはヤバイ。
もう少しスタイルが好みだったら、マジで転びそうです。
ワタシは、ハイブリッドカーって、もっと普通じゃないクルマだと思っていました。
正直言って、いつか化石燃料が尽きて、内燃機関エンジンに乗ることが出来なくなった時に、電気モーターのクルマになるまでのつなぎという偏見も持っていたので、どうも中途半端なイメージもありました。
でも、今のハイブリッドシステムで、石油が10年、20年余分にもつのであれば、これもアリかな、と今は思います。
トヨタは、ものすごいものを作り上げたものです。
そんなわけで、プリウスはスゴイと、素直に認めます。
そして、もっとスゴイのは、ハイブリッドシステムが、プリウスのような専用車だけでなく、普通のクルマに積まれはじめていることです。
これからトヨタは、バンバンとデータを集めて、ハイブリッドシステムというものをどんどん洗練させていくことでしょう。
ホンダや、この方面で出遅れている日産が、どんなふうに追いかけてくるかが楽しみなんですが、不安でもあります。
日本の消費者も日本の自動車メーカーも、「これが流行る」となると、それしか作らなくなっちゃう傾向があります。
ホンダなんか、スポーツカーのイメージが強いのに、今や(今は)、ミニバンメーカーになってしまっています。
プリウスは、驚くほどよくできていて、普通のクルマから何の違和感もなく乗り換えられます。
でも、みんながみんな、ハイブリッドになっちゃうのは、クルマ好きにとっては寂しい。
とにかく、いろんな選択肢が、これまでも、これからも、必要なんです、我々クルマ好きにとっては。

Filed under: 試乗 — カーマくん 3:59 PM  Comments (0)

vs.プリウス 3

さて、いよいよ走り出します。
シフトレバーが、一応あります。
「一応」というのは、ダッシュボードから、申し訳程度に、小さなツマミが生えているだけなのです。
これは、ひっつかんで動かすような「下品な」シロモノではなく、そうそう、ちょうどセロリスティックみたいなサイズで、軽くつまんで動かすモノでした。
・・・でも、いっそここまでやるなら、もう少し簡素化したスイッチ的なものでも良さそうなモノなのに・・・
すでにエンジンがかかっているので、あまり違和感なくスタートです。
走り出して驚きました。
いやあ、全然違和感がない。
普通に走っています。
コンピューターが走行条件に合わせて、エンジンをかけたり切ったりしているようですが、もともと静かなエンジンなので、走行中だと、タイヤノイズやら何やらの走行音で、ほとんど気づきません。
ハイブリッドのモニターで、ああ、今エンジンか、とか、モーターか、というのが、確認できますが、気をつけていないとホントにわかりません。
初代のプリウスでさんざん言われた、カックンブレーキも、ワタシが乗った限りではほとんど感じませんでした。
ただ、隣に乗ってくれたお姉さんの話だと、慣れない人はカックンしちゃうんだそうです(って、ワタシ、別に慣れてないですけどね)。
それより、充電のためとかの理由からか、エンジンブレーキの効きが若干強いかな、と感じました。
エンジンとモーターは、案外パワフルで、ちょっとビックリするくらい速かったです。
カタログで後から見たら、プリウスって1200キロ台なんですね、こりゃ軽い。
バッテリーが重そうなので、もっと重いのかと思ってましたが、相当頑張って軽量化したんでしょうね、トヨタ。
エンジンとモーターでは力の出方が違うらしいので、単純に76馬力+68馬力というよりも、11.2キロ+40.8(!)キロの、モーターのトルクが凄いんですね。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:23 PM  Comments (4)

vs.プリウス 2

外観は、もうおなじみの、5ドアハッチバックです。
今まで、あまり真面目に考えたことなかったんですが、そういえば、3ナンバーなんですね。
コロナ(あ、今ないか)くらいのサイズですが、幅だけちょっぴり3ナンバーの国際規格ってトコでしょうか。
乗り込んでみます。
なんか、最近のクルマは、不思議なキーシステムです。
プリウスも、まあ、持ってればOKということなんですが、キーを持っていても、近づいただけではロックは解除されず、ドアハンドルに触るとロック解除、という、普通のキーフリーよりちょっと複雑なシステムでした。
乗り込んで、エンジンをかけます。
例のスタートボタン方式です。
ボタンを押すと、エンジンが・・・かかりません。
が、スイッチが入るようです。
メーター類が目を覚まし、フロントウィンドウの下辺りの、ドライバーからはだいぶ遠い位置に、デジタルメーターが点灯します。
絶対的な距離も遠い上に、そのメーターが、また、ヴァーチャルな感じでもっと奥に見せる方式なので、慣れるまでは違和感がありそうです。
ただ、メーターの位置は、ステアリングの中じゃないんですが、センターメーターほど違和感を感じない位置になっていました。
また、センターメーターの位置には、テレビ画面があり、ハイブリッドシステムの様子をリアルタイムに表示しています。
今ガソリンで動いている、今モーターに切り換わった、今バッテリーに充電中などなど、3日で飽きそうですが、試乗には面白かったです。
そんなこんなで発進までにもたもたしていたら、いきなりエンジンがかかりました。
止まっている時に勝手にエンジンがかかったり切れたりするらしいんですが、これは慣れるまでちょっとイヤかもしれません。

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:00 PM  Comments (3)

vs.プリウス 1

乗ってきました、プリウス。
尽きかけたネタの、起死回生を狙って・・・ってほど大げさじゃありませんが、ブログネタにしようという目論見はありました。
もともと、プリウスって、乗ってみるだけ乗ってみたかったんですが、なかなか機会もなく、通勤路にプリウスのお店があるにもかかわらず、何となくおっくうで、乗らずじまいでした。
だから、ブログのネタ、というきっかけがなかったら、ずーっと、乗らずじまいだったかもしれません。
さて、そのハイブリッドカーのプリウスなんですが、あんまり好きじゃありませんでした。
ハイブリッドというシステムがよく飲み込めなかったのと、気づいたら、ハリウッドスター(あ、「ハイブリッドカー」と「ハリウッドスター」ってなんか似てる)なんかが、「私は地球に優しい人間だ!」って見せかけるためだけにレッドカーペットに乗りつけるクルマになっちゃって、イヤミなイメージが強まってしまったためです。
(お前、絶対ふだんプリウスなんかに乗ってねーだろ! って突っ込みたくなるハリウッドスター、いっぱいいます)
だから、とにかくいっぺん乗ってみて、ボロクソに書いてやろう的な下心もありました。
さて、そんなマイナスイメージを抱いたまま、とにかくトヨタ店へ入っていきました。
すると、セールスのお姉ちゃんが目ざとく見つけてくれて、用件を聞いてくれました。
そして、指さされた試乗車を見て、試乗やめようかと思いました。
紺のプリウスに、花だの鳥だのが、カッティングシートでベタベタ貼りまくられていて、これに乗れってゆーのか! とひと暴れしたくなるような有り様です。
きっと、「プリウスは環境に優しい」ということをアピールしたかったのだと思いますが、きっとこれのせいで試乗をやめた人もいると思います。
ある意味、拷問といえます。
が、ぐっとこらえて、いよいよ試乗に移ります。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:49 PM  Comments (3)

かまぼこ

3歳の娘が、なぜか「かまぼこ」が大好きで、最近、ヨメさんがよく買ってきます。
もともと、ワタシのビールのツマミ用に買ってきていたのを、娘がつまみ食いして以来、徐々に娘の取り分が多くなっていき、今では、娘用のかまぼこのおこぼれをワタシがもらっているという有り様です。
で、ちょっと前の話になりますが、ヨメさんと娘が、こんなの見つけて買ってきたので、思わず写真撮ってしまいました。

いやあ、かわいいかわいい。
パトカーです。
こうやって並んでいると、「ルパン3世」の1シーンみたい。
金太郎飴とか、飾り巻きずしのように作るんでしょうか?
さて、このクルマ、どうもモデルがあるようです。
お分かりでしょうか? って、絶対わからないと思いますので、引っ張らずにネタばらしをしておきます。
これです。

おお、まずこの箱が驚きです。
もちろん食品売り場にあったのでしょうが、これが食品売り場にあることは、相当なインパクトです。
おもちゃ売り場にあったら、何の疑いもなく買ってしまうでしょう。
それにしても、このクルマ、RX-7だったんですね。
FDの・・・。
恐るべし、日本のかまぼこ業界。
ワタシ、一応クルマネタでブログ書いてるつもりですが、今日のネタはギリギリですかね。
そのうち、ホントにネタが尽きたら、クルマとなーんの関係もないネタを展開するかもしれません。
悪しからず。

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:49 PM  Comments (4)

ドライビングシューズ 2

こうなると、通勤のビジネスシューズも気になります。
かかとが分厚くて、直角になっている普通のビジネスシューズは、運転もしづらい上に、エリのような着座位置の低いクルマに乗っていると、かかと部分(ゴムのかかとの上の革の部分)の傷みが激しいのです。
ただ、さすがにドラシュで通勤ってわけにもいかず、探してみたら、リーガルにかかとが丸くドライビング仕様になったものがありまして、ギリギリ背広でも大丈夫そうだったので、それにしました。
ま、ワタシは、仕事柄、職場に着くとスリッパに履き替えているので、会社の駐車場から建物までの2分くらいしかこの靴を履いて歩かないんですけどね。
通勤靴も、今までは「靴流通センター」かなんかの3980円くらいのものばかりだったので、ワタシにしてみれば大奮発というか、大散財です。
ところが、そのリーガルが、この冬、とうとうダメになってしまいました。
そりゃ、ピロティの5倍の頻度で使ってるわけですから仕方ありません。
大して手入れもしてませんし・・・。
そこで、新しい通勤靴探しです。
リーガルは、けっこう高いので、やっぱり、安いヤツで、かかとがドライビング仕様になっていて、黒革の、スーツにも履けそうな靴を探したんですが・・・
いろんな靴屋をまわりましたが、どうにも見つかりません。
通販関係も相当あたりましたが、女性用はけっこうあるのに、メンズ用はやっぱりない。
結局、新しく、別のリーガル(型は違いますが、これもかかとが、すこし丸みを帯びていて、若干ドライビング向きのもの)を買いました。

その直後、別件で激安靴のヒラキのHPを見ていたら、安くて、案外良さそうな靴を見つけました。
次はヒラキだな。

Filed under: グッズ — カーマくん 8:34 PM  Comments (6)