ミニカーショップイケダ

昔、ユニバーサルスタジオに遊びに行った時は、2日目に、ヨメさんと別行動でTMRに行ってきました。
今回、東京では、3日目にヨメさん(と娘)の希望で浅草に行き、その後、ワタシの希望で、日暮里のミニカーショップイケダに寄って帰りました。
東京には、他に大きなミニカー店があるのかも知れませんが、Tipo誌に広告の出ているイケダさんくらいしか知らなかったので、興味半分で寄ってみました。
例のマングスタがもしあればと思ったのと、あと、エリーゼや206のミニカーでもあればなあ、程度の狙いでした。
(エリーゼのミニカーは、ACマインズさんにもたくさんあるんですが、マフラー中央出しのトヨタエンジンモデルはないんです)
もともと東京の地理に疎いワタシですが、たまたま駐車場を探して入り込んだ路地に、ミニカーショップイケダはありました。
思ったより小さいお店でしたが、中身は、いやあ、マニアック・・・。
もともとミニカーなんてそうかさばるものではないので、広大なスペースが必要なわけではないんでしょうが、その、大きくない店舗の中に、びっしりミニカーです。
200円のものからウン万円のものまで、ピンキリというか、玉石混交というか、とにかく、めっちゃいろいろあります。
特に、レース関係のモデルだと、何年の何戦目の仕様、という感じで、まあ、需要と供給があっての商売なんでしょうが、狭く深く、の世界ですね。
乗用車のモデルも、これはスゴイ、と思ったのが、初代ミラージュの3ドアでした。
ああ、これ、5ドアがあったら間違いなく買ってました(乗ってましたから)。
しかし、それにしても初代ミラージュですからね、一般的に需要があるんでしょうか?
どうせここまでやるなら、ホント、5ドアも作ってほしかったです。
ところで、マングスタはやっぱり見つかりませんでした。
まあ、マングスタは、気長に探します。
他にも、「ちょっと欲しいな」というものはたくさんあったんですが、どうしても欲しいというものはなくて、娘が欲しがったレッカー車のチョロQを買って帰りました。
なんか、10万くらい持って、使い切るつもりで買いに行ったら、楽しいだろうな、と思いました。
金銭的に、5000円前後のミニカーって、なんだか手が出しづらいですね。
マングスタがあれば、3万くらいでも買うつもりだったんですが・・・。

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:00 PM  Comments (5)