vs.アルファロメオ156

アルファロメオネタを続けてみます。
昨日ちょっと書きましたが、だいぶ昔の話ですが、アルファロメオの156に試乗しました。
アルファの156は、ちょうどプジョーで言えば206と言いましょうか、ブランドは知っていて、マニアの人は好んでいても、今一つメジャーになっていなかったアルファロメオやプジョーを、その圧倒的なスタイルの良さで一気にメジャーに押し上げた名作だと思います。
根っからのアルフィスタの人や、プジョーマニアの人は、軟弱だとか、「らしさ」が薄まったと言って敬遠するのかもしれません。
さて、その156ですが、試乗したのは優しい顔の、前期型の2.0ツインスパークでした。
雑誌で、V6のインテークパイプの美しさに一目惚れしていたワタシは、フロントが重いとか、ツインスパークの方が軽快でスポーティとかいう評論家の評価とはまったく別の次元で、156ならV6だと思っていた(買えもしないのに)ので、試乗車がツインスパークだけと言われた時は、ちょっとガッカリでしたが、それでも生まれて初めて乗るアルファですから、興味津々でした。
で、結論から言うと、メッチャ好印象です。
細かいハンドリングがどうのこうのと言うのは、短い試乗コースでは試す術もなかったんですが、まず、思いのほかパワフルでした。
ただ、この「パワフル」というのは、音に誤魔化されていたのかもしれません。
噂じゃ聞いていましたが、アルファって排気音がメッチャいいんです。
当時は、FDの頃でしたが、マフラーを換えていたFDや、その前のやはりマフラーを換えていたMR2よりもいい音なんです。
日常の街乗りレベルの低回転から中回転くらいまでは、ロロロロという、うるさすぎないけどいい音です。
高回転は、試乗では試せませんでしたが、日常域でいい音であれば、毎日普通に楽しめそうです。
限界域でどうとか、高回転がどうとかいう、非日常の領域はともかく、この、日常的に気持ちいいというのは、一般ユーザーには受け入れやすいですね。
昔書きましたが、シフトノブフェチのワタシにとって、一つのベンチマークになっているのが、この156のノブです。
野球のボールを小さくしたような形で、大きさ、握り心地など、個人的に理想で、部品だけ取り寄せられないか本気で考えた事があるくらいです。
というわけで、156、欲しいです。
乗ってないけど、やっぱりV6。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:30 PM  Comments (9)