vs.コペン

ちょっと前の話になりますが、コペンの試乗をしてきました。
この時は、さすがにエリーゼで行くのがはばかられたので、206で行ってきました。
試乗車に乗り込んで、一通り、屋根の開け閉めを体験した後、寒い春先だったので、クローズドで走りました。
電動のメタルトップは、面白いですね。
これが、SLとかについていると、なんかちょっと嫌みな印象ですが、206CCとかの、小さいクルマについていると、いい感じで生意気っぽくて好きです。
でも、コペンには、ちょっと贅沢すぎる感じもしますし、ギリギリ許せる感じもしますし、自分の中で評価が定まってません。
でも、決して嫌いじゃありません。
コペンのスタイルは、ちょっとかわいい方向に振ろうとして、個人的には「どうだろう?」と思えるスタイルです。
前だか後ろだか分からないのっぺり具合がちょっと苦手。(なんかTTっぽいというか、フィガロっぽいというか)
スポーツカーっぽくなくても構わないんですが、例えば大昔のカニ目とか、MG系とか、そんな雰囲気もアリかな、と。
もしくは、206CCとかの、かわいいけどトンガッテるという方向でもいいかな、と。
ただ、スタイルに関しては、完全に個人の好みなので、なんとも言えませんが。
走ってみると、案外面白い。
マニュアルモードがあるので、けっこう引っぱれるし、ターボも、元が軽だから、そんなに下品じゃありません。
それより、前に押すとシフトアップ、手前に引くとシフトダウンする(逆だったかな)、マニュアルモードが、なんだかトッ散らかってしまいます。
でも、この手のクルマは、やっぱりマニュアルモードは欲しいですね。
アップ、ダウンもすぐ慣れるでしょうし、問題ないです。
雰囲気を楽しむクルマでしょうから、ストレスがたまらない程度の走りができれば上等です。
コペンは、もうすぐモデルチェンジされるそうですが、この手のクルマが生き延びていくのは、とても喜ばしいですね。
ビートもカプチもAZ1も一代横綱で終わってしまいましたからね。

Filed under: 試乗 — カーマくん 4:49 PM  Comments (5)