プジョー屋さん

ウチが206を購入する少し前に、クルマで5分くらいのところにプジョーのディーラーができました。
ここは、親会社がいろんな輸入車を扱っていて、系列にミニやボルボやアルファロメオのお店を持っているようです。
206購入の時に、担当してくれたセールスの人は、プジョーに限らずクルマに相当詳しい方で、そんな意味でも信頼できました。
ちなみに、なんで「クルマに詳しい」と思ったかといいますと、(当時乗っていた)レビューのことを、名前だけでなく、どんなクルマであったかとかを、ちゃんと知っていたからです。
他社のクルマはともかく、自社のクルマのことすら不勉強で、オプションとかのことがちっともわかっていないセールスもたまにいますからね。
ところが、ウチが206を購入してしばらくすると、親会社の人事異動のせいで、ミニのお店に移っちゃって、担当が変わってしまいました。
たぶん、相当有能だったので、ミニのお店を立ち上げるにあたって、引っぱっていかれちゃったんだと思います。
会社の立場としては、特に新店舗立ち上げに際しては、他所から有能な人材を引っぱってくると言うのは、ある意味当たり前なのかもしれませんが、これは、あまりユーザーのことを考えていないような気がします。
家電レベルのものと違って、クルマなんかは、購入後にいかに責任を持ってくれるかが大きいと思うんですがね。
その後も、担当者がちょいちょい変わるので、話が通じにくくてしょうがない。
別に新担当がダメだとかいう問題じゃなく、まして、名古屋の某大手輸入代理店のように、担当がいなくなってほっぽり出されるわけでもないんですが、やっぱり、ずーっと同じ担当者が責任を持ってくれるのが望ましいですね。
さて、そんなプジョー店ですが、担当が変わるのはともかく、お店ではそれなりにちゃんと対応してくれます(ま、当たり前と言えば当たり前ですが)。
きっちり水曜日が定休日なのは案外面倒くさいんですが。
もうすぐお付き合いも7年目になるのに、良くも悪くも行く度に新鮮、というかリセットされてる印象です。
「ディーラー」のカテゴリでよく話題に出す、DMも届くんですが、なんか、購入して1年もしない時から、「お買い得特選206が限定3台!」みたいなお知らせを送ってきてたのは、ちょっとどうかと思いますが。

Filed under: ディーラー — カーマくん 5:19 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

3件のコメント »
  1. 信頼できる担当者というのは一番大事ですね。
    幸い私の担当者もきちんとした人で、店舗がたくさんある会社でもないので、人事異動でいなくなることはなさそうです。
    それよりもびっくりしたのは、そこの会社のサービスセンター長(簡単に言うと工場長)が小・中学校の同級生だったこと。30年ぶりくらいの再会でした。妙な縁を感じるとともに、より心強く感じました。

    コメント by まるし — 2008年4月19日 6:56 PM
  2. 国産車はともかく、輸入車は特に、しっかりした担当がいるのといないのとでは、安心感が段違いですね。
    それにしても、工場長が同級生とは・・・。
    スゴイ縁ですね。

    コメント by カーマくん — 2008年4月19日 7:26 PM
  3. 同級生が工場長とは心強いですね。いろいろやってくれそうでうらやましいです。ワタシはディーラーではなるべくメカニックの人と仲良くなるようにしてます。時々お茶菓子なんか差し入れちゃうこともあります。
    ゲテモノ輸入車はなにより安心感が大事ですよね。

    コメント by yuk — 2008年4月19日 9:56 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">