vs.プリウス 3

さて、いよいよ走り出します。
シフトレバーが、一応あります。
「一応」というのは、ダッシュボードから、申し訳程度に、小さなツマミが生えているだけなのです。
これは、ひっつかんで動かすような「下品な」シロモノではなく、そうそう、ちょうどセロリスティックみたいなサイズで、軽くつまんで動かすモノでした。
・・・でも、いっそここまでやるなら、もう少し簡素化したスイッチ的なものでも良さそうなモノなのに・・・
すでにエンジンがかかっているので、あまり違和感なくスタートです。
走り出して驚きました。
いやあ、全然違和感がない。
普通に走っています。
コンピューターが走行条件に合わせて、エンジンをかけたり切ったりしているようですが、もともと静かなエンジンなので、走行中だと、タイヤノイズやら何やらの走行音で、ほとんど気づきません。
ハイブリッドのモニターで、ああ、今エンジンか、とか、モーターか、というのが、確認できますが、気をつけていないとホントにわかりません。
初代のプリウスでさんざん言われた、カックンブレーキも、ワタシが乗った限りではほとんど感じませんでした。
ただ、隣に乗ってくれたお姉さんの話だと、慣れない人はカックンしちゃうんだそうです(って、ワタシ、別に慣れてないですけどね)。
それより、充電のためとかの理由からか、エンジンブレーキの効きが若干強いかな、と感じました。
エンジンとモーターは、案外パワフルで、ちょっとビックリするくらい速かったです。
カタログで後から見たら、プリウスって1200キロ台なんですね、こりゃ軽い。
バッテリーが重そうなので、もっと重いのかと思ってましたが、相当頑張って軽量化したんでしょうね、トヨタ。
エンジンとモーターでは力の出方が違うらしいので、単純に76馬力+68馬力というよりも、11.2キロ+40.8(!)キロの、モーターのトルクが凄いんですね。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:23 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

4件のコメント »
  1. 確か、電気モーターは、そのトルクは回転数に依存しないと聞いたことがあります(単なる耳学問なので不確か)。エンジンはある程度回転をあげないとトルクも細いですけど、その点でもハイブリッドは理にかなっているようです。
    それにしても、モーターのトルクが40kgmもあるのですか。びっくり!

    コメント by まるし — 2008年4月25日 8:09 PM
  2. エリのトルクはRでも18.5kgmですから、トルクウェイトレシオでも勝負になりません。
    モーター、恐るべし。
    ハイブリッドはあなどれません。
    でも、好き嫌いはまったく別のハナシです。

    コメント by カーマくん — 2008年4月25日 8:56 PM
  3. どんなに性能が良くても、あのスタイリングでは購入する意欲が湧きません。
    想像以上にパワフルなハイブリッド…ということで、ホンダのシビックハイブリッドに興味が湧きました。案外走りも楽しめる仕上がりになっているかも。

    コメント by まるし — 2008年4月26日 3:28 PM
  4. スタイルがねえ、ホントに、もうちょっと何とかならなかったものかと思うんです。
    でも、ホンダのハイブリッドは確かに走り味がいいかもしれませんね。
    この先、ハイブリッドも走り味とか出してくるようななったら、ちょっと面白いとは思いますが・・・。
    でも、今はまだ、エリみたいな、「昔風」を突き詰めたクルマの方が好きです。

    コメント by カーマくん — 2008年4月26日 4:07 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">