vs.アルファロメオ156

アルファロメオネタを続けてみます。
昨日ちょっと書きましたが、だいぶ昔の話ですが、アルファロメオの156に試乗しました。
アルファの156は、ちょうどプジョーで言えば206と言いましょうか、ブランドは知っていて、マニアの人は好んでいても、今一つメジャーになっていなかったアルファロメオやプジョーを、その圧倒的なスタイルの良さで一気にメジャーに押し上げた名作だと思います。
根っからのアルフィスタの人や、プジョーマニアの人は、軟弱だとか、「らしさ」が薄まったと言って敬遠するのかもしれません。
さて、その156ですが、試乗したのは優しい顔の、前期型の2.0ツインスパークでした。
雑誌で、V6のインテークパイプの美しさに一目惚れしていたワタシは、フロントが重いとか、ツインスパークの方が軽快でスポーティとかいう評論家の評価とはまったく別の次元で、156ならV6だと思っていた(買えもしないのに)ので、試乗車がツインスパークだけと言われた時は、ちょっとガッカリでしたが、それでも生まれて初めて乗るアルファですから、興味津々でした。
で、結論から言うと、メッチャ好印象です。
細かいハンドリングがどうのこうのと言うのは、短い試乗コースでは試す術もなかったんですが、まず、思いのほかパワフルでした。
ただ、この「パワフル」というのは、音に誤魔化されていたのかもしれません。
噂じゃ聞いていましたが、アルファって排気音がメッチャいいんです。
当時は、FDの頃でしたが、マフラーを換えていたFDや、その前のやはりマフラーを換えていたMR2よりもいい音なんです。
日常の街乗りレベルの低回転から中回転くらいまでは、ロロロロという、うるさすぎないけどいい音です。
高回転は、試乗では試せませんでしたが、日常域でいい音であれば、毎日普通に楽しめそうです。
限界域でどうとか、高回転がどうとかいう、非日常の領域はともかく、この、日常的に気持ちいいというのは、一般ユーザーには受け入れやすいですね。
昔書きましたが、シフトノブフェチのワタシにとって、一つのベンチマークになっているのが、この156のノブです。
野球のボールを小さくしたような形で、大きさ、握り心地など、個人的に理想で、部品だけ取り寄せられないか本気で考えた事があるくらいです。
というわけで、156、欲しいです。
乗ってないけど、やっぱりV6。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:30 PM  Comments (9)

アルファロメオ屋さん

7・8年前でしたか、アルファロメオ岡崎が出来た時には、嬉しかったです。
なんせ、昔、GTVや156のカタログもらいにわざわざ名古屋まで出かけたことがあるくらいですから。
開店した時には、出かけていって、「ご来場プレゼント」のアルファロメオの傘をもらってきました。
この傘、骨に合わせて赤とうすいグレーの三角から出来ていて、けっこう派手なんですが、最近まで、エリーゼに積んで使ってました。
最近、ジャンプのストッパーの金具が擦り切れてきて、雨の日、クルマに乗り込む時に慌てて畳んで、助手席にほうり出したらガバッと開いた事がありまして、それ以降、隠居してもらってますが、まだ捨ててません。
輸入車のディーラーにしては珍しく、気前よかったですね。
気前がいいと言えば、ルノー・シトロエン岡崎もモノをくれます。
(貧乏性ですいません)
アルファロメオ屋さんが、気前がよかったのはいいですが、ちゃんと名前を残してきたのに、案外DMとか届かなくて、寂しい思いをしてました。
でも、156を試乗させてもらったり、カタログもけっこうちゃんとしたモノをくれました。
GTVとスパイダーと156のカタログは、2・3冊ずつあります。
最近、アルファロメオ岡崎は引っ越して、ちょうどACマインズに行く途中の場所に移転しました。
新しい500も、ちょうど入庫した時にACマインズへ行く用事があって、通りすがりに見られたのはラッキーでした。
移転後のお店にも何度か顔を出しましたが、改めて名前を聞かれて、その後はDMがたまに届きます。
でも、よくも悪くも、あんまり商売熱心な印象はありません。
イタリア車を売るようなセールスは、あんまりがめつく商売しちゃ、イメージを壊すってことでしょうか。

Filed under: ディーラー — カーマくん 7:45 PM  Comments (5)

ベンツ屋さん

BMWのディーラーは、申し訳ないくらい熱心でした。
一方で、ベンツのディーラーは、今まで2回行ってるんですけど相手にしてくれません。
あ、比較のためにわざわざ行ったんじゃありません、念のため。
1回目は、スマートのロードスターのカタログをもらいに行ったのですが、薄いカタログを1枚(1「冊」とは言えない)くれただけで、名前も聞かれませんでした。
まあ、エリーゼで行ったので、冷やかしと思われたのかもしれません。
2回目は、2代目のSLKのカタログをもらいに行った時です。
エリーゼからSLKなら、オープンスポーツであんまりスパルタンなエリに疲れて、ちょっと楽チンなSLKに流れる人がいてもおかしくなさそうなのに、ショウルームに入っていっても誰もかまってくれません。
仕方なしに、受け付けのお姉ちゃんに「SLKのカタログをください」と言ったら、ようやく出してくれました。
が、相変わらず、ワタシには何の興味も示してくれません。
ワタシ、自分で言うのも何ですが、そんなにみすぼらしい人間じゃないつもりですし、ベンツを買う可能性が全くなさそうなほど若く見られることもないと思うのですが・・・。
自分からショウルームに出向く人間って、それなりの興味を持ってやってくるわけなんで、ワタシがセールスだったら、絶対に手ぶらで帰すことはしないと思うんですがね。
しょせん、ちゃんとしたカタログをくれたとか、名前を聞かれたとか、そんな程度の評価基準ではありますが、一般ユーザーは、案外そういうところでクルマを選んだりするもんだと思いますがね。
(エリとか乗ってる、あまり一般的ユーザーでないワタシが言っても説得力ないですかね)
昔から、ベンツって、完璧すぎて偉そうに見えてしまって、あまり好感が持てなかったのですが、そんなこんなで、余計その印象の強まってしまった今日この頃です。

Filed under: ディーラー — カーマくん 6:53 PM  Comments (4)

BMW屋さん

前に、岡崎にはいろんな輸入車ディーラーがあるということを書きました。
ディーラーについても、いろいろ書いていこうと思います。
だいぶ前の話になりますが、BMWのディーラーに行ってきました。
正直言って、BMWのクルマで購入対象に考えているクルマって今のところないんですが、Cセグのクルマは一通り見ておこうかなと思って、ぶらっと行ってみただけです。
エリで行ったんですが、ショウルームに入るなり、思いのほか若いお兄ちゃんが出て来て接客してくれました。
第一印象は、「君がBMWを売るのか?」と突っ込みたくなるような、お兄ちゃんです。
見かけは、ちょっとチャラい感じで、BMWを売るというより、怪しげな中古外車を格安で売ってる人みたいでした。(ごめんなさい、人を見かけで判断してはイケナイと分かっちゃいるんですが・・・)
まあ、でも説明はちゃんとしてましたし、はっきり「冷やかしです」と言ったにもかかわらず、態度を変えることもなく、相手してくれました。
主に話を聞いたのは、1シリーズについてですが、隣にあったロードスターなんかの説明もちゃんとしてくれて、なかなか好印象でした。
カタログも、コイツは写真集? ってな感じの分厚いヤツをくれました。
なんかここまで分厚いカタログは、妙にナルシスティックな感じです。
訪ねていって、やたら付きまとわれるのは鬱陶しいんですが、名前も聞かれないのもちょっと寂しいものです。
その点、BMWは特に悪い意味でなく、商売熱心でした。
「冷やかしですよ」とさんざん念押しして帰ってきてからも、頻繁にDMが届きます。
クルマ屋のDMって、そんなに嫌いじゃないんで、一通りちゃんと見てから、ごみ箱へ入れてます。(ごめんなさい)
BMWのCセグのクルマが、もう少し好みのスタイルをしてくれていたら、もうちょっと前向きに考えるんですが、いかんせん、今のBMWは3以外あまり好きなスタイルじゃないんで、やっぱり候補外です。
BMWが売れてるのは、クルマの出来がいいのもあるんでしょうが、案外、この地道な営業努力の賜物かもしれません。

Filed under: ディーラー — カーマくん 7:06 PM  Comments (2)

ニューフィアット500

いわゆる旧型のチンク(フィアット500)は好きで、206の初ドライブは、愛知県の知多半島というところにあるチンクエチェント博物館に行ってきました。
クルマに疎いヨメさんも、チンクは「かわいい」と言っています。
さて、3月にいよいよ新しいフィアット500が出ました。(これ、「チンク」っ愛称でいいのかな? 先祖に敬意を払って「チンク」は避けて「ゴヒャク」と言うべきなのかな?)
雑誌でずーっと紹介され続けていましたが、これはかなり気になっていました。
で、たまたまディーラーの前を通りかかって入っているのを確認した3月上旬、見に行ってきました。
正式な発表・展示会は翌週ということで、カタログも貰えませんでしたが、じっくり見てきました。
第一印象は、うーん、でっかい! でした。
ちょうど、先代ニューミニを初めて見た時の印象と同じです。
スタイルは、雑誌なんかでさんざん見ていたので、違和感なく受け入れられましたが、この大きさだと、ちょっと心配になります。
何が心配かというと、クルマにあまり興味のない人に、「マーチみたい」と思われてしまうんじゃないか、と。
実際、サイズ的には、現行マーチとほぼ同じくらいのサイズですもんね。
一応、クルマを趣味としていて、旧型500(正確には二代前)を知っていれば、自然とそのイメージと重ねて、「ああ、上手にやったな。いいスタイルだな」と思えます。
せめて、旧500を「ルパン3世のクルマ」くらいに知っていれば、まだいいのかも知れませんが、多くの女性は、そこまで旧500をご存知ないでしょうから、そんな人たちが見て、マーチと区別がつくのかなあ。
ちょうど、ビートル、ミニ、そして500と、昔のイメージを上手に取り込んで、現代風にアレンジしたクルマが出そろったわけです。
どれもホントに上手くやったな、と思いますし、個人的には500が一番好きなんですが、なんとなくマーチっぽくなってしまったところが、損しているなあ、と思います。
もっとも、マーチとの区別がつかない人はマーチを買うでしょうし、旧500をイメージ出来る人には、マーチより断然素敵に見えると思いますから、ある程度ヒットするとは思うんですが。
何にせよ、マーチを連想させるサイズのデカさ(といっても小さいんですが)が、ちょっと引っ掛かりました。
今度、機会があったら、試乗させてもらいたいものです。
ちなみに、もらったカタログ(?)は、こんなんでした。

反対側は、こんなんです。

み、見づらい・・・

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:46 PM  Comments (2)

デッキ交換 その後

さて、2月下旬にアル○イン新型のデッキに切り換えたものの、エンジンオフに連動して電源が切れるはずのiPodが、エンジンオフ後も自分のバッテリーが尽き果てるまで延々回り続けるという不具合のため、デッキとiPodが直結できず、結局FM飛ばしで使ったり、CDにしたり、ラジオを聞いたりしながら過ごしていました。
アル○インとのやり取りでは、3月中には、何らかの調査結果を報告するということだったのですが、3月末になっても返事がきません。
3月30日の日曜日にFAXを送り、どうなっているのか問い合わせたところ、31日に返信が届きました。
曰く、「ケーブルの一部に不具合があり、対策用ケーブルを作成した。それを送るので、販売店で取り付けて欲しい。販売店(岡崎キャンバス)には弊社担当者から追加作業をお願いした」とのこと。
・・・ハッキリ言って、ウチに連絡するのを忘れてただろう。
でなきゃ、すぐに対策用ケーブルを送って来られるはずないもん。
さて、4月1日(つまり翌日)に、ケーブルが届きました。
岡崎キャンバスに電話して、「アル○インから何か連絡あった?」と聞いたら、「ないよ」とのこと。
あれ? 「追加作業をお願いした。」んじゃなかったっけ?
事情を話したら、「失礼だよねー」と怒ってらっしゃいました。
そりゃそうです。
連絡の行き違いがあったのかも知れませんが、ウソついたと受け取られても仕方ない状況です。
この程度は簡単な作業なので、自分でも出来るんですが、万一まだケーブルに不具合があっても、自分で作業したというと、最悪何の補償も受けられない可能性があるので、岡崎キャンバスに行って作業してもらうことにしたわけです。
作業自体は、ホントに10分かからずに済んで、今度こそエンジンに連動してiPodの電源が切れるようになりました。
めでたく(?)完治です。
でも、どうも、ちょっと今回のアル○インの対応には疑問が残りました。
余談ですが、このひと月の間、イエローハットやオートバックスなど、いわゆる大手カー用品店のオーディオコーナーを覗いてみたんですが、当たり前の顔をして、同じ機種のデッキが売られていました。
相変わらずアル○インは、値引き率がシブイのはともかくとして、なんで普通に売ってるんだろう?
このペースでどんどん売れていったら、クレームの対応だけでも大変だろうに。
でも、今はみんなナビを買うから、単独のデッキを買う人なんて、めったにいないのかな?

Filed under: 111R — カーマくん 6:04 PM  Comments (0)

時計 2

前に紹介した、腕時計流用の時計が、イカレました。
普通に遅れはじめたのです。
電池交換してもダメで、いよいよ天寿を全うされたようです。
480円にしてはよく頑張ってくれました。
さて、変わりの時計をどうしようか、という問題ですが、最初は、また同じような480円くらいのものを買ってこようと思っていたのです。
で、仕事帰りに、お店に寄ろうとして、ハタと思いつきました。
あ、いいのがあるじゃないか、と。
実は、最初のSTDを手に入れた頃、けっこうはしゃいでまして、ロータス関係のグッズをちょこちょこと買っていたのです。
その中に、腕時計がありました。
クロノグラフのものと、普通の3針のものの2種類です。
ロータスのロゴの入った腕時計って、案外いろんなのが出てましたが、当時気に入ったのがこの二つだったのです。
どっちを買うか随分迷ったのですが、そんなに高い時計じゃないし、両方買っちゃえ、となったわけです。
ミニカーの時に書きましたが、状況が許すなら手に入れちゃう主義なんです。
ところが、この時計、実はあまり作りがよろしくない。
どういう材質で出来てるか分からないんですが、時計のケース部分が、汗に負けて、かなり傷んで来るのです。
(えっ? ワタシの汗が強酸性!?)
で、気に入っていたのですが、そうそうつけるわけにもいかず、そうこうしているうちにホイヤーのいいヤツを手に入れちゃったものですから、すっかりお蔵入りしていたのです。
クルマに積んでおくのに、さすがにクロノグラフは見づらいので、3針の方を、ベルトを取って、両面テープで取り付け用のプラ板(今まで使ってたヤツ)に貼り付けて、完成です。

おお、これなら汗もかかないし、エリーゼにエリーゼのロゴ入り時計なので、エリーゼに載っける時計として、これ以上ピッタリくるものはありません。
なんでもっと早く思いつかなかったんだろう。

Filed under: 111R — カーマくん 7:54 PM  Comments (2)

ミニカーショップイケダ

昔、ユニバーサルスタジオに遊びに行った時は、2日目に、ヨメさんと別行動でTMRに行ってきました。
今回、東京では、3日目にヨメさん(と娘)の希望で浅草に行き、その後、ワタシの希望で、日暮里のミニカーショップイケダに寄って帰りました。
東京には、他に大きなミニカー店があるのかも知れませんが、Tipo誌に広告の出ているイケダさんくらいしか知らなかったので、興味半分で寄ってみました。
例のマングスタがもしあればと思ったのと、あと、エリーゼや206のミニカーでもあればなあ、程度の狙いでした。
(エリーゼのミニカーは、ACマインズさんにもたくさんあるんですが、マフラー中央出しのトヨタエンジンモデルはないんです)
もともと東京の地理に疎いワタシですが、たまたま駐車場を探して入り込んだ路地に、ミニカーショップイケダはありました。
思ったより小さいお店でしたが、中身は、いやあ、マニアック・・・。
もともとミニカーなんてそうかさばるものではないので、広大なスペースが必要なわけではないんでしょうが、その、大きくない店舗の中に、びっしりミニカーです。
200円のものからウン万円のものまで、ピンキリというか、玉石混交というか、とにかく、めっちゃいろいろあります。
特に、レース関係のモデルだと、何年の何戦目の仕様、という感じで、まあ、需要と供給があっての商売なんでしょうが、狭く深く、の世界ですね。
乗用車のモデルも、これはスゴイ、と思ったのが、初代ミラージュの3ドアでした。
ああ、これ、5ドアがあったら間違いなく買ってました(乗ってましたから)。
しかし、それにしても初代ミラージュですからね、一般的に需要があるんでしょうか?
どうせここまでやるなら、ホント、5ドアも作ってほしかったです。
ところで、マングスタはやっぱり見つかりませんでした。
まあ、マングスタは、気長に探します。
他にも、「ちょっと欲しいな」というものはたくさんあったんですが、どうしても欲しいというものはなくて、娘が欲しがったレッカー車のチョロQを買って帰りました。
なんか、10万くらい持って、使い切るつもりで買いに行ったら、楽しいだろうな、と思いました。
金銭的に、5000円前後のミニカーって、なんだか手が出しづらいですね。
マングスタがあれば、3万くらいでも買うつもりだったんですが・・・。

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:00 PM  Comments (5)

大蛇(オロチ)

東京は例のネズミのテーマパークに行ったんですが、泊まったのは、バカ高いオフィシャルホテルは当然避けて、近くのホテルです。
そのホテルのすぐ近くのロイヤルホストの駐車場で、見ちゃいました。
ネズミのテーマパークから逃げ出してきた魔女のクルマ・・・じゃなかった、大蛇を。
東京では、フェラーリもロータスも見なかった(ポルシェだけはやたら見ました)んですが、大蛇を見たのはちょっと感動でした。
今までは、モーターショウなんかの薄暗い部屋での写真だけしか見てないんですが、青空のもとで、白いボディの大蛇は、思いの外グロテスクではありませんでした。


ヘッドライトや、ボンネットのエアアウトレットの造形なんかは、ちょっとやり過ぎ感もなくはないんですが、ヴェイル○イドのエアロをまとったスープラや、bB(ト○タの方)なんかと比べると、グロテスク感は薄く、よほどスッキリとまとまっています。
富山ナンバーだったので、光岡の関係者でしょうか? それとも、たまたま富山ナンバーだっただけでしょうか?
大蛇は、メーカー自体が、「なんちゃってスポーツカーです」的な発言をしています。
まあ、純粋にスタイルを楽しむだけのクルマととらえるならその手もありかも知れませんが、ナマで見た大蛇は、思ったよりよくて、いいエンジンや脚回りを与えてあげたくなりました。
考えてみれば、「スーパーカー」と呼べるクルマは、もうあまりなくなってしまったようなご時世で、あのスタイルのクルマを世に出しただけでもスゴイことだと思います。
そもそも光岡って、スタイルだけ作ってるイメージの会社ですが、この大蛇を本格的なスポーツカーに育て上げれば、イギリスなんかにたくさんあるような、小粒だけどピリッとした、面白い会社になりそうなんですけどね。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:16 PM  Comments (3)

東名高速道路

ちょっと平日に休みが取れたので、3歳の娘(とヨメさん)を連れて、206で東京まで遊びに行きました。
3月の月末です。
朝の3時にウチを出て、東名高速道路を東に向けてひた走ります。
クルマで東京に行くのは、とっても久しぶりですが、東名高速を走っていて、一つ気がついたことがあります。
昔、10年くらい前は、やはり同じような状況でぬふわキロくらいで巡航しようと思って、追い越し車線を走っていると、100キロくらいで走っているトラックに引っ掛かって、ペースが落ちる。
するとそこに後ろから140キロくらいで突進してくるトラックが迫ってきて、すごく怖い思いをするという経験が何度もありました。
これ、乗用車にしてみれば、トラックのせいでペースが落ちたのに、トラックにあおられて、「坊主憎けりゃ」じゃありませんが、ウルトラ気分が悪いものです。
さて、今回は、トラックの巡航速度は、燃料高の影響か、みんな90キロくらいでした。
走行車線を90キロ弱で走っているトラックを追い抜こうと、90キロ強でトラックが追い越し車線に出てきて、そのペースで走ってくれるものだから、けっこうこちらのペースが乱されます。
それにしても、ほとんどのトラックがみんな90キロ走行でした。
リミッターでも付いたんでしょうかね?
猛スピードのトラックに追いつかれて怖い思いをしたのは一回きりでした。
何にしても、トラックが、90キロくらいで巡航するってのは、とてもいいことに思えました。
東名高速も、神奈川県くらいから東は、3車線になりますが、3車線の高速は走りやすいですね。
愛知県でも、第二東名になる伊勢湾岸道なんかは3車線です。
最高速を引き上げて、左から低速、中速、高速という感じに、不文律としてルールが定着してくると、後ろから速いヤツにあおられて怖い思いをするとかいうことも減って、安全になると思うのですが。
何にしても、100キロ制限の道で、80キロくらいのクルマも、150キロくらいのクルマも混走しているっていうのは、ちょっと怖いですが、東名全体のスピードが落ち気味に感じました。

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:05 PM  Comments (5)