美しいクーペ

いやあ、季節外れの風邪にやられちゃいまして、寝込んでました。
どうも年をとると、スッと治りません。
さて、「クーペ」というクルマの正確な意味は分かりませんが、ここでは、スポーティーなスタイルのクルマで、一応4人乗り(後席アリ)と定義しておきます。
で、美しいクーペのベスト5は、プジョー406クーペ、S13のシルビア、ランチアベータクーペ、二代目プレリュード、四代目セリカ(流面形;ST160系)でどうでしょう。
あ、案外国産が多い。
プジョー406は、セダンもクーペも美しいですね。ちょっとプレーン過ぎて、物足りないとか、女性的過ぎるとか言われそうですが、誰からも好かれるタイプでしょうか。
S13シルビアは、サイボーグ化して、紫色になってしまったものは除きます。
前にも書きましたが、これは、本当に購入を迷いました。
MR2でなくて、こちらを選んでいたら、今ごろ406クーペに乗ってたりして。
ランチアベータクーペは、なんでしょうねえ? なんか好きなんです。
派生したモンテカルロや、ラリーも好きなんですが、なんか、ケンカを売らないんだけど、ちょっと個性的っていう雰囲気が好きです。
二代目プレリュードも、前に書きましたが、これは「ボレロ」とセットです。
あの、「なんでそこまで?」と思うほど低められたボンネットや、そのおかげで、5ナンバーとは思えない幅広感など、ああ、カッコいい。
流面系のセリカは、上屋が、センターピラーとリアピラーをブラックアウトして、シュッとなっていて、プレリュードとは逆に、窓から下は、なんかぼってりとボリュームがあるのですが、下のぼってり感で安定感(幅広感)を演出していた感じです。
フェンダーが、ホイールアーチと同心円でもなく、わざわざのブリスターでもなく、全体のデザインの一環で膨らませてあるところは、流面形という新しいスタイルを感じさせるものでした。
コークボトルが、形で特許を取ったそうですが、なんか、そういうのと共通する感じがします。
こうやって並べると、日本車大善戦ですね。
ああ、やっぱりこういういいクーペが出てきた時代は豊かだったんですね。

Filed under: 古今東西 — カーマくん 5:31 PM  Comments (5)