異形ヘッドライト

前に、80年代のところでクルマのデザインを大きく変えた要素として、異形ヘッドライトとバンパーの変化だと書いたことがあります。
今回は、ちょっと異形ヘッドライトについて考えてみました。
基準丸形と基準角形の2灯4灯がベースだった時代は、リトラクタブルはともかくとして、クルマの表情がある程度決まってしまいます。
これが、基準を離れて自由な設計のヘッドライトが出てくると、クルマにいろんな表情を与えることができるようになりましたが、ここであまり凝り過ぎると、何だかヘンテコな顔になっちゃいます。
新しい顔にチャレンジして、結果、どうだろう? という顔になってきちゃったハシリが、初代のボクスターと、その頃の911(996だっけかな?)かなって、個人的に思っています。
ポルシェ社も、二代目ボクスターでも997でもあのヘッドライトやめちゃいましたから、あんまり気に入ってなかったんでしょうかね。
でも、一番最初にやった、というのはエライです。
その頃から、まるで客の反応を探るかのように、「涙目」が、流行りました。
二代目オデッセイや、二代前のBMW3シリーズとかが普通の横長のライトの下に、ピョコピョコと丸ライトの名残が出っ張っているヤツです。
なんか、ホントに泣いてるみたいでした。
こうして、いろいろデザインの幅が広がって、異形(いけい)ヘッドライトは、まさに異形(いぎょう)ヘッドライトになってしまうものも出てきました。
ちょっと前のベンツCは、左右に「ホンカン」(「バカボン」に出てくる、「タイホだタイホだ」って銃を撃ちまくる目のつながった人)一人ずつみたいな感じになってましたし、SLなんかもマイナーチェンジしておかしなことになりました。
トヨタもシエンタとかカローラ、新型クラウンなど、何だか不自然なヘッドランプが多くなっています。
国産では質・量ともにトヨタが断トツでしょう。
このままヘッドライトの異形(いぎょう)具合はエスカレートしていくのか、収まってくるのかわかりませんが、今はちょっとデザイナーの自己満足になっちゃっている気がします。

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:04 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

3件のコメント »
  1. さすが、カーマくん、まさに”目”の付け所が違う(笑)
    私も、最近のヘッドライトのデザインにはちょっと食傷気味です。異形ランプとは言いながら、似たような形状のものが多くて、個性的とは言い難い。不必要に縦長になったり、流線型をオーバーに強調したり。
    私は基本的にギミックというか、必然性のないデザインは嫌いです。

    コメント by まるし — 2008年6月18日 12:58 AM
  2. 全く同感ですねえ・・。
    実はワタシはいまだに前も後ろも丸目2灯・4灯が好きです。
    エリのライトは前も後ろも許します。
    ヘッドライトじゃないですけど、最近の跳ね馬さんのテールランプは丸が半分だけ上に出っ張っててワタシはあんまり好きになれません(どうせ買えないですけどね)。

    コメント by yuk — 2008年6月18日 6:09 PM
  3. まるしさん、座布団一枚。
    ライトは、丸でも四角でもとがっててもいいんですが、不必要にうにゃうにゃしてるのはあまり好きになれないんですよね。
    跳ね馬さんのテールは、ワタシも好きじゃないんですが、誰かが「あげる」と言ってくれたら、遠慮なくいただきます。
    が、エリから乗り換える気はさらさらありません。

    コメント by カーマくん — 2008年6月18日 7:56 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">