カーアンドドライバー誌 2

そんなわけで、読んでみました、「カーアンドドライバー」。
記事は、当時のものをそのまま持ってきています。
なんと25年前。
インプレッション担当は、大御所・岡崎宏司先生・・・といっても、25年前は、大御所だったんでしょうか?
25年前の岡崎宏司は、あ、今のワタシと同じくらいの年ですね。
さて、78年のミラージュと90年のパルサーは、ちょっと時代が違うようですが、83・84年のトレノ、CR-X、ブルドッグ、シャレードデトマゾのあたりは、ほとんど同じタイミングで書かれているようで、文体や表現がほとんど共通していました。
読者のことを「キミたち」と呼んでいるのは、ちょっとクルマの先輩のお兄さん、という感じですね。
そして、4車に共通して使われた言葉が・・・なんだと思います?
なかなか時代を反映していて(逆に言うと最近はあんまり使わない)、しかも確かにこの4車に共通する表現です。
よーし、このネタの答えは、明日まで引っ張っちゃお。
ちなみに、「ギャル」「ヤング」という単語が出てきたのは、とっても懐かしさを感じさせてくれました。
ところで、簡単なスペックが載っているんですが、このころのクルマって、軽ーい。
シャレードデトマソなんて690kg!
この数字、エリの最初期モデルが96年に全世界に衝撃を与えた時と同じ数字です。
ブルドッグが735kg、CR-X1.5iが815kg、トレノGTVが940kg。
みんな、軽量でならしたエリーゼ真っ青の数字です。
どれもこれも、青春の甘酸っぱい思い出と直結した懐かしいクルマ達です。
ところで、「ホビダス」は、ネコ・パブリッシングでしたね。
ごめんなさい。

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:27 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

6件のコメント »
  1. 昔のクルマは軽かったんですね。今は小さなクルマに高級感を求めすぎてボディ剛性を高くし、遮音材をふんだんに使ったりするからでしょうか。
    4車共通の表現…小粋な、とか、パンチのきいた、とか?
    ボーイズレーサー?今でも使うかな?

    コメント by まるし — 2008年6月23日 8:02 PM
  2. 今は、ホントに重くなっちゃいましたね。
    すごく軽くした、と評判のデミオでさえ、1tですからね。
    ところで、キーワードは、もっと時代を感じさせる表現です(笑)。

    コメント by カーマくん — 2008年6月23日 8:11 PM
  3. 初期の記事(購入記?)にコメントさせてもらった206RC乗りです。大変ご無沙汰しています。あれからもずっと拝見していたのですが、マニアックな話題が多く着いて行けずコメントは避けていましたが今回はと思い書きました。
    共通の表現ですが、「おニュー」「イカす・イカした」
    でしょうか?
    次点として「NASAで開発した」か「全米が泣いた」でしょうか(笑)

    コメント by ごう — 2008年6月24日 10:09 AM
  4. ごうさん、おひさしぶりです。
    クルマ自体がヘンテコなので、若干マニアックに見えるかもしれませんが、ワタシ自身、好きなだけで大して詳しくありませんので、お気軽にコメント下さい。
    さて、「イカす・イカした」は、かなり惜しいです。
    「NASAで開発」は・・・近々ネタにします(笑)。

    コメント by カーマくん — 2008年6月24日 11:50 AM
  5. キュートですか?・・違うか。
    ところで、「エクシーガ」って聞くとなんかトホホな気分になりません?

    コメント by yuk — 2008年6月24日 3:37 PM
  6. 「キュート」は、今でも割と使われている気がしますが(笑)。
    「エクシーガ」って、スバルの7人乗りでしたっけ?
    「聞くと」というより、「聞いた後に見てみると」へこたれますね。

    コメント by カーマくん — 2008年6月24日 6:35 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">