売れたクルマ 2

一つ上の「スモール・モデル」のカテゴリは、エントリーが13台。
当たり前のようにカローラがトップを取ってます。
あ、でも、11377台だから、フィットには微妙に負けてますね。
しかも、カローラは毎度のことですが、フィールダーとかルミオンとか、一族郎党合わせての数字ですから、フィットがいかにスゴイかわかりますね。
それでもカローラは、2位以下にダブルスコアをつけてますから、さすがにベストセラーカーです。
その2位は、驚いたことにプリウスです。
ひゃー、恐るべしハイブリッド!
3位がティーダで、ここまでが4000台を超えてます。
4位のオーリスから、インプレッサ、アクセラ、ウィングロード、エアウェイブまでは1600台弱から1100台強でひしめいています。
9位にシビックですから、ホンダはなかなか厳しいですね。
フィット様々でしょう。
10位のサクシード・ワゴンって、どんなクルマだっけ?
11位はSX4、なんか最近の欧州Bセグ的な幅広のスモールカーですよね。400台くらいじゃ、きついかな。
12位のランサーって、なんでしょう? ギャランベースのエボVのことでしょうか? それとも、旧型ランサーの在庫処理でしょうか? 303台です。
ビリのプロボックス・ワゴンで気がつきました。
そうか、サクシード・ワゴンって、プロボックスの姉妹車の、営業車っぽい、カローラバンの後継車でしたね。
ワタシ、サクシードはワゴン、プロボックスはバンだと思ってましたが、そうでもないんですね。
そう考えると、プロボックスのワゴンが300台弱も売れてるのはある意味驚きです。
それにしても、カローラも名前が消えそうだし、サニーはすでになく(ティーダになった?)、シビックは惨憺たる有り様。
なんだか、ちょっと悲しいです。

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:37 PM  Comments (6)