高原書店

ワタシのウチから1時間くらいクルマで走ると、日進市という市があって、そこに「高原書店」さんがあります。
この高原書店さんというのは、知る人ぞ知るマニアックな店で、クルマに関する書籍がめっちゃ豊富にある店です。
最近の本屋さんとしては、やや小さめのお店で、一般の雑誌やマンガも売ってますが、店の大半がクルマ関係の本です。
それも、ありとあらゆるクルマ雑誌はもちろん、そのバックナンバーも相当充実しています。
雑誌やムックは、日本のものだけでなく、国別に分かれている棚があって、外国の本もいっぱい並んでいます。
ワタシは幸か不幸か英語をはじめ外国語はさっぱりなので、いいなあ、と思っても、洋書には手が出ませんが、日本語のものは、ついつい衝動買いしてしまいます。
「LOTUS File」なんていう、4200円もするムックも、ついつい買ってしまいましたし、「カーマガジン」の「カーマガジンを彩ったロータス徹底収録」なんていうヤツとか、なんだか買っちゃいました。
普通の本屋さんでも、売り出してすぐの頃は置いてあっても、高いからなあ、と迷っているうちに、売れちゃうのか撤去されちゃうのか、いつの間にか店頭から消えて、買いそびれた本でも、大抵見つかっちゃうから、ついつい買っちゃうんですね。
そんなわけで、たまに暇があると、のぞきに行ってついつい散財してしまいます。
ちなみに、雑誌サイズの本を買った時に入れてくれる袋には、「ボルトアンドナット」の田中むねよし氏のイラストが入っていて、この袋も相当マニアックです。
お近くの方でクルマ好きの方は、一度のぞいてプチ散財してみてはいかがでしょうか、ってワタシが宣伝しても、ワタシのフトコロに一銭も入りませんが、とにかく、真剣に探したいクルマ本があれば、ケッコウな確率で見つかりそうです。

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:59 PM  Comments (5)

旧いコロナに乗ってる若い女性

通勤の時にたまーにすれ違うので、もしかしたら通勤車として使っていらっしゃるのかもしれませんが、すごく旧いコロナに乗っていらっしゃる若い女性がいます。
どんな素性の方かさっぱりわかりませんが、すごいな、この女性(ヒト)。
まず、コロナがどのくらい旧いかというと、ワタシでもすぐにわからなかったので調べたら、1964年から70年までの三代目みたいです。
おお、ワタシとほぼ同い年。
ロータスで言えば、初代のエランなんかと同世代。
これ、スゴイですね。
おじいちゃんのお下がりとかかと思いましたが、ナンバーの・・・なんて言うんだろ? 市外局番じゃなくて、「三河500・・・」とかの部分が、ちゃんと3ケタなんです。
つまり、ごく最近購入なさったものですね。
前に、コメント欄かなんかの方に書きましたが、ヒストリックカーに興味はありますが、さすがになかなか手が出せずにいます。
まして、たぶん岡崎では、三代目コロナは初代エランより少ないはずです。
しかもその頃の日本車の信頼性って、あまり高くない(気がします)。
そういう状況で、旧ーいクルマを通勤に使うお嬢さん、カッコいいっす。
変な下心なしでお知り合いになりたいものです。
なんでそれに乗ってるのか、とか、走っててどうか、とか、壊れないのか、とか、普通に聞いてみたいことがたくさんあります。
そんなある日、通勤の帰りに、用事があって、いつもとちょっと違う道を帰ってくる時に、旧いカローラ(初代か二代目、これも3ケタナンバー)に乗ってる、若い(?)女性を見ました。
(もっとも、こちらは名古屋ナンバーでしたが)
クルマが壊れるのが苦手なワタシが、興味はあっても手を出せないでいるヒストリックカー(しかもジャパニーズ)にスッと乗ってる若い女性たち・・・。
なんか、ちょっと感動です。

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:40 PM  Comments (7)

ETC

エリーゼにつけたものって、たいがい紹介してきたんですが、ほとんど使っていないので紹介し忘れていたものがあります。
ETCです。
確か、24ヶ月目の点検のついでにつけたと思うので、かれこれ2年近くになりますが、その間に、一度使ったきりです。
子供が産まれてから、家族で遠出する時はもっぱら206ですし、エリで一人で遠出するのは、山の中ばっかりなので、あまり高速は走らないんです。
エリの場合、車高が低いんで、高速のチケットを取ったり、おじちゃんにお金を渡したりするのは、確かに煩わしいので、ETCは便利です。
でも、いかんせん使う機会が少ない。
そんなわけで、エリでETCを初めて使ったのは、去年、アストンを見に名古屋まで出かけた時でした。
206では普通に使っているのですが、エリーゼの場合、ETCのアンテナがラジオのアンテナと同じ、フロントのボンネット(?)下にあるので、万一電波が通じなかったらという一抹の不安はありました。
東名高速から、伊勢湾岸道と名古屋高速という非常にお金のかかるルートをわざわざ走ったわけですが、まあ、ゲートに通せんぼされるような心配もなく、どれもスンスンとスムースに通過できました。
ETCについては、なんだか普及のさせ方が強引だとか、お上の都合で、消費者が負担を強いられるとか、手続きが面倒くさいとか、なんかいろいろ思うところはないではないのですが、使えば便利ではあります。
特に、さっきも書きましたが、エリのような低いクルマ、ウィンドウ下のボディが張り出しているクルマ、左ハンドルのクルマ(ウチのエリは右ですが)なんかには、必需品でしょうね。
昔、ETCなしの355を借りて高速を走った時に、ゲートで泣きそうになりました。
そういえば、先日、206にカードを入れ忘れてETCレーンに進入しようとしたら、「カードが入っていません」って、機械が教えてくれました。
ホント、よくできてるコト。

Filed under: 111R — カーマくん 7:18 PM  Comments (3)

マキナ

エリーゼをお好きな方なら、マキナというクルマをご存知の方も多いと思います。
いやむしろ、書いているワタシは、たまーに、「オートジャンブル」誌に乗っていた記事を見たくらいなので、あまり詳しくありませんが。
さて、その「マキナ」ですが、要はチンクのレプリカです。
スバルサンバーかなんかのコンポーネンツを使って、ホンモノのチンクのドンガラをキレイに修復して乗っけて、エアコン、オートマ付きという「快適」なチンクです。
「オートジャンブル」誌は、時々しか買っていなかったんですが、その中で、企画、開発段階からレポートされていました。
チンクはホントに好きなんですが、ホンモノのチンクなんかにはさすがに手がだせません。
本物のチンク好きの方からは、ニセモノ、とかお叱りを受けそうなんですが、ワタシなんかだと、チンクは好きだといっても、スタイルが抜群にカワイイから好きなだけであって、シャシーだのエンジンだの、背負っている背景だのは、あまり興味がなくて、あのカッコをしてくれてれば、OKなんです。
そういう意味で、このレプリカの完成は楽しみにしていました。
で、なんとかオートバックスあたりから市販にこぎつけて、何年か前に確か279万円で売り出されたはずなんですが、あれ、どうなっちゃったんでしょう?
ぼやぼやしているうちに、「オートジャンブル」誌も休刊になっちゃって、オートバックスなんかも「マキナ」売ってるよなんて、声高に宣伝しないし、何となく消息不明になってますよね。
あれが、多少なりとも売れて、「カーセンサー」かなんかにたまに1台ずつくらい載るくらい出回ってれば、将来、余裕ができたら欲しいな、と思っていたんですが、どなたか、アレが何台くらい世に出て、中古車市場に回ってきているのかなんて情報お持ちでしたら、教えてください。
それにしても、279万というのは、また微妙な数字だこと。
なんせニュー500が225万くらいです。
そして、ホンモノのチンクは埼玉のオンタリオなんかで完全初期化されたスペシャルが250万くらいからですから、これまた微妙。
でも、どれか買えって言われたら(誰も言わないというツッコミは勘弁)、マキナの方に手が伸びそうです。
なんせ、カッコがまんまチンクで、中身は新しい、まるで銀河鉄道999みたいじゃないですか。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 4:49 PM  Comments (0)

エボラですって!?

話題に二三日出遅れましたが、ロータス・イーグルは、「EVORA」という名前になるそうですね。
いやあ、薄っぺらな知識しかないワタシには、「エボラ」と言われると、「エボラ出血熱」しかイメージできなくて、ずいぶん不気味な名前にしてくれたものです。
「イーグル」でよかったのに。
クルマについて聞かれたりした時に、「エボラです」なんて言ったら、相手に引かれるでしょうね。
(出血熱は「ebola」だそうで、「Evora」は、ポルトガルかなんかの世界遺産になってる都市だそうです(「トヨタ・ヤクシマ」みたいな名前?)が、日本人のワタシには「bとv」、「lとr」の発音の区別なんかつきません)
さて、だんだんと細かいところも明らかになってきたようです。
全長4344mm、全幅1848mm、全高1219mm、ホイールベース2575mm。
2+2のミドだから仕方ないですが、全長と全幅は、もう少しだけ小さかったらなあ。
で、パワーは280馬力で、これはべつにこれくらいでいいんですが、重さが1350キロってのはちょっと重いなあ。
「イーグル」のところで書きましたが、せめて1200キロに収まって欲しかったところです。
今も昔も、ロータスの生きる道は「軽さ」に限ると思うんですがね。
1350キロで、アルファードと同じエンジン積んでて、それでもみんなが「さすがロータス」と思うほどハンドリングを煮詰めておいて欲しいですね、せめて(頑張れベッカー;ロータスのテストパイロットの親玉)。
たぶんロータス好きの方々のほとんどは、「大き過ぎ」「重過ぎ」で、「売れない」と判断するでしょうね。
ワタシも、「大き過ぎ」「重過ぎ」と思いますが、売れるかどうかは値段次第だと思います。
2+2の本格スポーツカーって、今や911くらいしかなくて、隙間狙いのロータスとしては、ウマイ目のつけ所だと思うのです(少なくともヨーロッパよりは)。
911が「1162万円からご用意できます」・・・あ、思いの外安い・・・なので、ここはやっぱり、1000万を切る値付けが出来れば売れると思います。
逆に、1200万を超えるようだと、売れないでしょうね。
(1200万を超えたら、いっそもっぺん「イーグルエヴォーラ(封筒には「エボラ」と書きたくなかった)積立」を「アストン積立」に戻そうかな)
ああ、また潰れるだの身売りだの、そんな話にならなきゃいいけどな。
ロータス自身、13年振りの新型車と言っているようですが(エクやフェイズ2はともかくとして、ヨーロッパは新型車と見られていないんですね)、ここはひとつ、思い切ったバーゲンプライスで売り出してみてください(頑張れキンバリー;社長)。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 5:40 PM  Comments (3)

夏の不具合 ミラー 2

こういう時は、どうしたもんでしょう? 固くて困るなら油を注すんですが、ゆるくて困るのはホントに困ります。
さすがにボンドでつけちゃうのもはばかられます。
一応固定できるんだけど、いざとなったら簡単に解除できる緩い接着って何かないかしら。
・・・ありました。
昔、水漏れを直した、雨漏り補修剤です。
あれなら色も黒で目立ちませんし、乾いてもゴム状ですから融通が利きます。
取りたくなったら、キューっと引っぱれば取れるはずです。
そんなわけで、早速、ミラーと支柱の連結部分に擦り込んで、周りもちょっと盛りつけます(ここで油断したので、盛りつけ部分がデコボコしてしまいましたが)。
問題は、補修剤が乾くまでにうなだれて、そのまま固定されては元も子もないので、作業は天気のよろしくない、気温の低い日に行ない、補修剤を盛った後は、乾くまで、テープや紐でミラーを固定しました。
狙いは大当たりで、去年の夏は、それ以後ミラーがうなだれてくることはありません。
さあ、また夏がやってきました。
今年も今のところミラーが下がってくる現象は起きていないんですが、いつまたうなだれてくるかわかりません。
毎年、小さなスリルを味わわせてくれます。

Filed under: 111R — カーマくん 5:40 PM  Comments (6)

夏の不具合 ミラー 1

イギリスと比べると、日本の方が暑いんでしょうか、エリはいろんな面で日本の夏向きじゃありません。
そもそもフェイズ2になっても、しばらくエアコンが標準化されなかったとか、そのエアコンも、いろいろ作り手側の考えが浅くて、あまり効かない(ワタシ個人的には多少効くだけでも御の字だと思ってますが)とか、そんな話をよく聞きます。
エアコンレスのSTDで命を張った夏に比べると、111Rになってからはコンピューターがおかしいなどの、大物の不具合はありましたが、基本的にとても快適なので、ことさら「夏」の不具合というのは感じていませんでした・・・最初は。
気づいたのは去年の夏です。
朝、出勤のためにエリに乗り込んで、ふっと見ると、なんとなくルームミラーが下を向いています。
はじめは「あれ、触っちゃったかな」というくらいに考えて、スッと直して出発していたんですが、翌日またミラーがうなだれています。
どうやら、一日の間に、ミラーが自身の重さのせいでうなだれてくるようです。
「自身の」と書きましたが、ワタシのミラー、カー用品店で売ってる、「ワイドミラー」がついていますので、その重みが大きいんでしょうが、とにかく、一日かかって、ジワジワと首が垂れてくるようです。
どのタイミングでいちばん動くのかわかりません。
運転中か、仕事中に一日炎天下に駐めてある間か、夜、ガレージの中でか。
たぶん、一日温められて緩くなったミラーが、帰り道の振動で下がってくるというのがいちばん疑わしいんですが、ホントの所はよくわかりません。
出発時にいちいちミラーを直すのは、206に乗るときは毎度のことですし、さほど気にならない作業なんですが、直すときの「ゆるゆる感」、いかにも「またすぐ下がってやるぜ」といわれているような手ごたえの薄さがちょっとイヤな感じです。

Filed under: 111R — カーマくん 5:54 PM  Comments (2)

ホイールコーティング

さて、昨日書いた最近見つけた洗車グッズというのが、これです。

まあ、昔からあるようなホイールコーティングでしょうが、「ブレーキダストがつかない!」というあまりにストレートな製品名(ただのコピー?)に惹かれて、ついつい買ってしまいました。
エリも206も、ちょっと放っておくとフロントホイールはこの有り様です。

なんでヨーロッパ車の純正パッドって、こんなにダストが出るんでしょうね。
性能重視も大事なんですが、もう少しなんとかなりませんかね。
で、その大量に発生するブレーキダストが、そのままホイールに付着するからホイールがすぐ真っ黒(茶)になるんであって、これがホイールに付着しなけりゃ問題ないわけで、謳い文句通りの効能なら、すくなくとも1ヶ月はホイールがキレイなままなはずです。
ホイールをキレイに洗って、今回は実験も兼ねて、ホイールの半分だけにこのコーティングを施します。

写真じゃわかりづらいですが、この写真で言えば、上半分(ひっくり返ったロータスマークの下側、ネオバのロゴのある方)だけコーティングします。
付属の柄付きスポンジで塗ります。
効果があれば1ヶ月後にはずいぶんみっともないコトになると思いますが、果たしてみっともないほど効果が出るかどうかです。
来月、報告します。

Filed under: グッズ — カーマくん 5:49 PM  Comments (2)

洗車

最近暑かったので、ちょっと見て見ぬふりをしながら過ごしてきましたが、そろそろやっとかないと、という気持ちと、最近見つけた洗車グッズを試してみたいのもあって、思い切って洗車しました。
洗車、といっても、最近はすっかり横着になって、
 1.水をぶっかけ、
 2.カーシャンプーで汚れを落として、
 3.すすいで、
 4.フクピカで拭き取り。
という、カンタンコースです。
「水をぶっかけ」のあたりは、とても慎重に行う方もあると聞きましたが、ワタシはMR2の頃から、お構いなしで普通にザブザブぶっかけてます。
特に夏は、クルマのためにも、自分のためにも、一刻も早く終わらせる必要があるスピード勝負なので、せっかく買ったケルヒャーも使わず、ひたすら速攻です。
その上、最近は、洗車とかしていると、3歳になる娘が、「カーマ子ちゃんも手伝ったげる」と手を出してく(れ)るので、これが大きな戦力(ダウン?)となって、とにかく、なるべく早くやっつけないとかえって傷や汚れになってしまいます。

夏の洗車は、細かくエリアを分け、水で濡らしてから拭き取りまでの時間を短縮して水滴のある時間を極力減らし、その分、何回戦もやるのが正しいそうですが、「朝顔さんにお水をあげる」と、ホースを持って行かれているので、細かく何回戦も行うなんてとても無理です。
結局は、とにかく手早くやるしかありません。
こんな時に、「フクピカ」はありがたいですね。
本来であれば上の、「4」以降の工程は、
 4.拭き取りと乾燥。
 5.ワックスがけして半乾燥。
 6.ワックスの拭き取り。
という絶望的に長い工程になりますが、「5.6」の工程が省けるだけでも大助かりです。
それにしても、ねずみ色のクルマは、洗車のし甲斐がないなあ。
遠めに見たら、よくわかりません。
やっぱ、洗車するなら、が最高です。
MR2の時、ウソみたいにキレイになりました。

Filed under: 111R — カーマくん 7:16 PM  Comments (3)

vs.フィアット500 3

といった具合で、フィアット500は、乗って楽しいコンパクトハッチだと思いました。
ワタシの好きだった往年の「ベビーギャング」ってこんな感じだったんだろうな、って思わせてくれます。
(ワタシ、ベビーギャングって、免許なくて乗ってなかったですからね)
ただ、ベースが、実用色の濃い新型パンダだから、サイズ的には仕方がないのかもしれませんが、どうせ実用性はある程度見切りをつけて楽しさに振ったんならば、もう一回り(か二回り)小さかったらなあ、と思います。
昔のチンク程ではないにせよ、今のけっこう大きな軽自動車くらいだったら、ホントに楽しそうなんですがね。
フィアット500は、乗る側が、期待する内容を間違えなければ、相当いいクルマだと思います。
つまり、小さくて、スタイルが良くて、回して楽しいエンジンを積んでて、クルマ自体もクルクルと良く回る、楽しいクルマを求めるなら、相当満足度は高いと思います。
逆に、コンパクトな割に室内が広くて、燃費が良くて、乗り心地が良い、実用性に富んだいいクルマを求めるなら、期待外れに終わる可能性が大きいです。
そういうクルマを求める人は、フィットやヴィッツに行けばいいでしょう。
でも、フィアット500、ちょっと高いかな。
1.2の豪華版や、1.4の廉価版が、225万ってのは、いくらなんでも高いなあ。
実用性より楽しさの付加価値を取るにしても、もう50万くらい安かったらなあ。
あ、そうそう、今度はちゃんとしたカタログが貰えました。
前にもらった、星座早見表のようなパンフレット(?)は、あまりにも見づらかったですからね。

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:01 PM  Comments (4)