NASA開発の・・・ 1

最近、大きな地震が多いですし、中部地方では、ただでさえ東海大地震の備えも必要ということで、我が家でも、去年、防災グッズを少し揃えました。
まあ、ホームセンターの「防災グッズを買っとけ」キャンペーンに乗せられたというのも否めませんが。
いろいろなグッズの中で、「NASAシート」というような名前のモノがあります。銀色の、畳むとかなりコンパクトですが、広げると毛布くらいの大きさのシートで、なんでも謳い文句としては、NASAが開発した(ホントか?)シートで、真冬でもこれにくるまれていれば寒さを防げるというスグレモノです。
で・も・・・これは、さすがにNASAが開発した(ホントか?)だけあって、ちと高い(7000円くらいだっけか)。
どうやら、極薄のアルミと不織布、透明シートの組み合わせの製品のようです。
で、ホームセンターに行くと、似たような用途の、もっとお安いシートが売られてました。
なんと150円。
その名も「レスキューシート」

アルミ蒸着ポリエステルで、不織布とかは使われてませんが、実験材料としては、失敗してもほとんどフトコロに被害をもたらさない金額です。
え? 何の実験かって?
もちろん、エリーゼの夏対策グッズとしてです。
昔、エアコンレスのSTDだった頃は、必死の思いで夏対策=熱さ(「暑さ」じゃありません)対策を施したものです。
でも、111Rになってからは、(皆さんからは効かない効かないと評判ではありますが)エアコンが付いてるので、今まであまり真剣に夏対策を施してきませんでした。
STDには、断熱系としては、グラスウールベースの「かいおんくん」とか、発泡スチロール(スポンジ)系のキャンプマットとかを使ってきました。
特に、ソフトトップは一枚ものだったので、キャンプマットを使って内側にもう一枚内張りを追加する形で天井を作りました。
(この辺りの詳細は、昔の記事で書きましたが)

Filed under: 111R — カーマくん 7:58 PM  Comments (5)