vs.フィアット500 1

フィアット500に試乗してきました。
1.4リットルのPOPという安い方のグレードです。
2008年の夏現在、フィアット500は1.2リットルの豪華版と1.4リットルの廉価版が同じくらいの値段、それと1.4リットルの豪華版という3本立て構成です。
どれが売れ筋になるか読めません。
さて、スタイルなどは、前に書いた通りですので割愛しますが、クルマに疎い人にとっては、マーチっぽく見えそうです。
ドアを開けると、思いの外大きなドアで、しかも重い。
うーん、ここがもう少し軽いと、印象として軽快感につながると思うのですが。
ドアの長さはエリと同じくらいでしょうが、しっかりしてるというか、ちゃんとしてるというか、開けるにも閉めるにも重いです。
しかも、30度くらいのところと、60度くらいのところでしょうか、一旦止まるように出来ているので、この辺りは、使いづらそうです。
乗り込んで位置合わせをします。
全高が案外高いので、目線はかなり高い位置にきます。
この辺りは、往年のチンクなんかとは違うんでしょうね。
メーターは、マルチファンクションディスプレイとなっていて、一番外側がスピードメーター、その内側がタコメーターで、中心にギアだとか時間だとかが表示されますが、なんかごちゃごちゃしてて、見づらかったです。
慣れれば問題ないのかもしれませんが。
大昔、シティ・ターボに乗っていらっしゃった方には、違和感ないかもしれません。
トランスミッションは、「デュアロジック」というそうで、カタログには「ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション」となっています。
うっかり読み落とすところでしたが、「MTモード付きAT」じゃなくて、「ATモード付き」なわけですから、基本ノークラッチのマニュアルのようです。
だから(?)、日本で主流のオートマ特有のクリープ現象がありません。
発進はちょっと独特で、止まった状態から発進するには、ちょっと多めにアクセルを踏んでやる必要があります。
するとクラッチがつながって走り出します。
これって、慣れないとギクシャクするかもしれませんし、慣れてもギクシャクするかもしれません。
走りの印象は、明日から・・・と引っ張ってごめんなさい。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:41 PM  Comments (0)