vs.フィアット500 2

はじめは、オートマモードで走ります。
発進は独特で、変速は若干変速ショックが大きい感じです。
変速後の回転の落ち込みも大きくて、そこからの加速感が、一端途切れる感じになります。
正直、あまり洗練されたオートマとは言い難い気がしました。
試乗コースは、ほんの5分くらいの周回コースなんですが、一周目の終わり頃に、セールス氏が「どうです、もう一周」と言ってくれたお言葉に甘えてもう一周してみました。
今度は、マニュアルモードにしてみます。
手前に引くとアップ、向こうに押すとダウンするタイプのシフトですが、これも、無意識にやるには若干の慣れが必要でしょうね。
このタイプのマニュアルモードって、みんな手前がアップ、向こうがダウンですかね。
今は、いちいち頭の中で考えながらやってますから、ちょっと面倒です。
オートマモードだった時には変速ショックが大きくてギクシャクしてしまいましたが、マニュアルモードの方がスムースに走れます。
エンジンも上までスムースに引っ張れて、4000回転から6000回転まではメチャメチャ気持ち良く回ります。
二周目の途中で、セールス氏が「スポーツモードというのもあるんですよ」と言って、ダッシュボードのボタンを押しました。
「どうなるの?」と聞くと、「変速スピードが上がったりします」とのことで、
ほかはどうなるか聞きそびれましたが、とにかく試してみました。
というわけで三周目突入です。
スポーツモードはともかく、この周は、他車の空き具合のタイミングが良かったので、けっこうなスピードでのコーナリングも試せました。
これは望外に良かったですね。
ロールが適度に抑えられていて、クルッと回ります。
マニュアルのスポーツモードで、この脚回りなら、山道に行っても相当楽しく走れそうです。
乗り心地は、これも、スポーティーカーとして考えると適度に硬く、でも路面の細かい凹凸なんかは、タイヤかサス本体かブッシュとかか良くわかりませんが、その辺りで吸収しているようです。
でも、ファミリーカーとして考えると、ちょっと硬過ぎるのかもしれません。

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:00 PM  Comments (0)