マツダRX500

今号のカーマガジンに、マツダのRX500が特集されています。
このクルマ、実は、実車には何の思い出もありません。
正直言って、写真を含めて、実車を見たのは、このカーマガジンが初めてでした。
でも、子供の頃、持っていたミニカーの中で、1番のお気に入りが、実はこのRX500だったのです。
当時持っていたミニカーは、いろいろありますが、例えばケンメリのハードトップとか、ギャランGTOとか、国産のセダンベースのクルマは、ミニカーだとなんだか腰高で、あまりカッコよく見えません。
ところが、このRX500は、鼻先が尖っていて(リトラクタブル仕様)、リアの造形が独特で、とてもカッコよく見えたのです。
ミニカーを何台も並べて、コースを作って、一人で「マッハGoGoGo」ごっこをしてました(マッハ号は出ませんが)。
当然、勝つのはいつもRX500でした。
さて、この歳になって、初めて実車のRX500の写真を見ました。
ああ、思い出のままの形(固定ヘッドランプになっていましたが)なんですが、なんだかちょっとヘンテコに見えます。
まあ、時代なりの古さは感じますが、でも、1970年にこの形で出たのは驚きです、さすが万博の年。
スペック的なものとしては、1000ccのローターで250馬力・・・おお、スゴイ。
FDがターボ付きの1300ccで250から280馬力ですから、相当トンガったエンジンでしょうね。
重さは850キロですから、ああ、今のエリより少し軽い。
ミニカーの話に戻りますが、RX500のミニカーはお気に入りで、都合2台買いました。
トミカです。
でも、さすがにもう絶版のようで、先日、出張で東京に行ったついでに「ミニカーショップイケダ」で探してみましたが、見つかりませんでした。
なお、RX500が今ごろ復活して特集されたのは、広島で行われた「まぼろしのスーパーカー展」のためだそうです。
「まぼろしのスーパーカー展」については、まるしさんが、ブログで紹介なさってますので、ご興味をお持ちの方は、そちらもご覧ください。(右の「いつかはロータス!」から飛べます)

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:03 PM  Comments (1)