エリーゼRとS 2

ということで、カンタンにまとめると、STDは100キロ軽い分、街乗りで軽快、111Rは100キロ重いけど、エンジンがよく回って軽快、ということでしょうか。
ただ、そうカンタンに語れない部分もあります。
STDも111Rもジャッキアップポイントは同じ位置なんですが、後ろ側のジャッキアップポイント(リアタイヤの少し前)で持ち上げると、STDは当然リアが持ち上がってきます。
ところが、111Rでは、前輪も後輪も一緒に持ち上がってきます。
つまり、111Rの方が、かなりリアへビーなんですね。
オイル交換なんかで下に潜る時におっかないとか、そんなコトはともかくとして、腕のいい人には、操縦性に悪影響がでているのが分かるのかもしれません。
一方エリのSは、どうなんでしょうか。
今や08モデルでは、Sも重くなってきて、カタログ上はSも890キロだそうです。
Rが900キロ、SCは903キロ(微妙)ですから、ほとんど誤差の範囲(1%くらいの差ですもんね)と言えます。
運転手の体重の差の方が大きかったりして。
だから、単純にSの方が軽い、というほどではなくなっていますね。
エンジンは同じトヨタの1ZZFEと2ZZGEです。
トヨタのエンジンの命名法則に従っていませんね、これ。
先に高効率省燃費エンジンとして1ZZFEが作られ、ZZエンジンのベースに無理やりスポーツエンジンをでっち上げるというトヨタらしからぬ荒技で作られたのが2ZZGEです。
ロングストロークの1ZZを無理やりショートストロークにするためにボアをギリギリまで広げ、ストロークはわざわざ短くし、ヘッドも狭角のFEから、広角(スポーツタイプ)のGEにしたわけですね。
「オートジャンブル」誌かなんかで、2ZZはシリンダーの間隔が狭すぎて、チューニングに向かないと読みましたが、ロータス社はスーパーチャージャーをくっつけてバンバンパワーアップしてます。
大丈夫なんでしょうかね。
とにかく、素人ができるレベルのチューニングは1ZZから2ZZにする時点でメーカーがやってる(ああ、まるでホンダのタイプRみたい)ので、下手にチューニングするとかえって性能を下げる可能性もある・・・てなことが書いてありました。

Filed under: 111R — カーマくん 7:01 PM  Comments (4)