ベンツとクラウン

ベンツのアクセルは、重いものでしたが、その重さに慣れれば、アクセルの微調整などはこちらの意志に正確に従ってくれます。
「高級車」のくくりでは同じ高級車であるクラウンのことを思い出しました。
C280のオーナーさん(ワタシなんかよりよっぽどクルマに詳しいちょい悪オヤジ)の話によると、トヨタの高級車は、ドライバーの微調整を受けつけないセッティングになっているそうです。
アクセルの細かい制御は、クルマ自体にまかせて、ドライバーは、発進したければ、ドンとアクセルを踏む。
止まりたければ、ブレーキを踏む。
それだけなんだそうです。
乱暴だろうが何だろうが、アクセルをギュッと踏めば、クルマの方で勝手に考えてそーっと発進してくれるセッティングになっているそうで、「vs.クラウン」のところで書いた、ギクシャクの原因は、ここにあったようです。
滑らかに発進しようとして、そーっとアクセルを踏む人より、なにも考えずにドンとアクセルを踏む人用のセッティングになっているわけです。
これじゃ、まるでオン/オフのスイッチです。
アクセルペダルのように踏みしろがあって、アクセル開度によってスロットルを調整するんじゃなく、アクセルは踏むか踏まないか、のどちらかしかないんです。
そう言えば、ブレーキアシストもトヨタが考え出したんですよね。
ABSなんてしゃれたものを作っても、そもそもブレーキがロックするまで踏み込める人が少ないので、クルマの方でブレーキを強くかけるようにする。
やはり、オン/オフスイッチです。
ただ、ブレーキアシストはまだ分かるんですが、アクセルのオン/オフ化はどうなんでしょう?
まあ、クラウンもロイヤルやマジェスタとアスリートとではセッティングが違うのかも知れませんし、ロイヤルなんかは、なーんにも考えずに乗れば滑らかに走ってくれる、というのはある意味正しいのでしょう。
でも、やっぱりトヨタって、ユーザーを信じていないように思われるし、運転がキライなんじゃないかと勘ぐりたくなります。
トヨタのこういうところ、クルマ好きとしてはちょっとイヤです。
10年以上前のベンツと比較しても意味は無いのかもしれませんが、ベンツの方がまだ、運転を大事に考えている気がします。

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:19 PM  Comments (0)

vs.ベンツC280AMG 4

さあ、走り出します。
オートマのギアを「D」に入れて、アクセルを踏・・・み・・・お、重!
アクセルが、重い!
何か引っ掛かりがある感じではなく、全体的に重いので、力加減に慣れれば問題ないのかも知れませんが、他のクルマに乗った時に異常にアクセルを踏み過ぎる気がして、試乗向きじゃありません。(「試乗向き」にクルマを作るわけじゃないでしょうが)
今回の試乗で二番目に苦になった点がこのアクセルです。
重いアクセルに慣れれば、ATであってもレスポンスもよく、欲しい時に欲しいだけのパワーが供給される感じはとても気持ちの良いものでした。
やっぱり直列6気筒エンジンは、独特のスムースさがいいですね。
激しいハンドリングは試していませんが、Rの大きいカーブでは、ピターっと路面にはり付いている感じで、超絶安定しています。
山道に持っていっても相当気持ち良く走れそうです。
タイヤは扁平率が40だか45だかの、相当スポーティーなものを履いていて、車高もずいぶん落とされていますが、乗り心地自体はそんなにゴツゴツしているわけではなく、いい意味でカドの取れた柔らかさでした。
ただ、轍や路面のうねりに弱い感じで、このあたりは扁平率の低いタイヤの宿命かもしれませんが、FDなんかは上手にこなしていた記憶がありますから、セッティング次第なのかもしれません。
いやあ、それにしても、とても10年10万キロを超えているクルマとは思えませんでした。
エンジンも脚回りもメチャメチャしっかりした印象で、さすがベンツといったところでしょうか。
全体的にはとても好印象でした。
気に入らないのは、無機質過ぎるスイッチ類の並びと、ガラの悪いイメージですね。
試乗するにあたって、一番苦になったのは、このイメージの悪さですから、実は、試乗以前の話なんですけどね。
とてもいいクルマなだけに、一部ガラの悪い人がいるだけで印象が悪くなるのは残念な気がします。

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:36 PM  Comments (3)

vs.ベンツC280AMG 3

運転席に移ります。
運転席に限らず、全席が革張りですが、10年10万キロを超えたクルマにしては驚くほどしっかりしています。
革が擦れたり破れたりしていないのは、さすがベンツといったところでしょうか。
苦手な左ハンドルですが、オートマチックなのでまだなんとかなりそうです。
ATは時代的なものもあるんでしょうが、オーソドックスな4速で、MTモードなどもないシンプルなものです。
コンソールのスイッチ類は、よく言うと整然と並んでいるんですが、いかにも機械・工業製品という感じの色気のない並び方です。
ちょうどビデオデッキのような、無機質な冷たいイメージです。
もちろんクルマも機械・工業製品なので、有機的なイメージを求める方がおかしいのかもしれませんが、いかにも「ドイツ」って感じです。
好き好きなんでしょうが、個人的には、ドイツ車のこういう色気のなさはあまり好きじゃないですね。
その代わり(と言ってはなんですが)、ウィンカースイッチあたりはあまり理にかなっていない感じです。
ステアリングの右側にはなにもなく、左側にウィンカースイッチのレバーがあるんですが、そのレバーにワイパー関係のスイッチも一緒に組み込まれています。
ライトはライト関係でスイッチをまとめて、ワイパー関係は右にしちゃえばいいのに・・・。
このあたりは、「合理的」なイメージのあるドイツ車とはイメージが違う感じです。
これではウォッシャー液を出そうとしてパッシングしてしまったり、妙な失敗をしそうです。
それから、このレバー、ちょっと位置が低過ぎて、使う時に、完全にステアリングから手を離さないといけないのは使い勝手が悪いですね。
今回の試乗で三番目に苦になったのはここでしょうか。
一番と二番は・・・明日に引っ張ります。

Filed under: 試乗 — カーマくん 9:00 PM  Comments (0)

20万アクセス

ありがとうございます。
本日、21時台に、20万アクセスを突破しました。
ブログを始めて、あと3週間ほどで一周年を迎えます。
めでたいこと続きですが、ホントにネタが尽きてきました。
これからはクルマ以外のネタも含めてボチボチ更新していきますので、よろしくおつき合いをお願いいたします。

Filed under: その他 — カーマくん 10:18 PM  Comments (3)

vs.ベンツC280AMG 2

運転席に移る前に、エンジンフードを開いて見せてくれました。
いろんなものがカバーされているので、エンジンルーム自体は特に何も変わったことはないんですが、エンジンフードが二段階に開きます。
普通は70度くらいでしょうか、まあ、普通の開き方なんですが、付け根のリンクのストッパーを外すと、なんと90度近くまで開きます・・・なんだこりゃ。
誰が喜ぶ機能なんでしょう? これ。
整備士さんかな。でも、これなら、はなから90度開くようにしておいても良さそうなものなのに。
それから、ちょっと面白いから、といいつつ、ワイパーを動かしてくれました。
ワイパーは、なんと1本アームで、一見エリと同じです。
でも、動きがスゴイ。
ワイパーアームの付け根にリンクがあって、普通に半円の往復運動ではなく、普通に頂上近くまできたワイパーは、真ん中あたりで一旦下がりながらまたちょっと上がってから、反対側に下りていく・・・ブレードの外縁が、ちょうどマク○ナルドのMの字(もしくはイ○リン様)のようなラインを描くのです。
これはスグレモノです。1本アームでありながら、2本アームよりもたぶん払拭面積は広そうです。
でも、二日酔いの雨の朝なんかは、このワイパーの動きを見てると吐くかもしれません。
それから、オーナーさんが言うにはワイパーリンクの動きが大げさなので、信号待ちでは、ワイパーの動きのせいでクルマが揺れるんだそうです。
うーん、それは高級車としていかがなものか。
ワイパーは運転席側に倒れていますが、視界の邪魔になるようなことはありませんでした。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:20 PM  Comments (2)

vs.ベンツC280AMG 1

知り合いが、「『なんちゅークルマに乗ってるんだ』というクルマを手に入れたから、一度試乗させてやる」というので、「どんなクルマだ?」と、ワクワクしながら行ってみました。
でーん、と鎮座ましましていたのは、初代C280のAMGでした。
大人しめなのに迫力を感じさせるエアロパーツと、ペッタンと落ちた車高と、おなじみのディッシュタイプのホイールに銀色のボディカラー・・・ああ、なんて悪そうなんでしょう。
ユラユラと黒いオーラが出ています。
オーナーさんは、クルマ好きのフツーの人なんですが、たまたま中古の出物があったとかで、あと1年ある車検が切れるまでのつもりで買ってみたそうです。
さて、せっかくですからいろいろ見せてもらいます。
10年以上前のCクラスなので、幅はギリギリ3ナンバーになりますが、サイズ的にはブルーバードやコロナ、今ならカローラなんかと同じくらいですから、落ち着いて見るとコンパクトです。
でも、黒いオーラのせいか、実寸より大きめに見えます。
例によって、先にリアシートに座ってみます。
おお、これはちょっと感動です。
背もたれがちゃんと肩の上まであって、絶対的な広さはともかく、しっかりした座り心地です。
やはりリアシートは、背もたれ部分が高い位置までないと不安定で、広くても小さく感じてしまいますが、この高い背もたれは、メガーヌ以来のしっかり感でした。
面白かったのがリアのヘッドレストで、普段はシート後ろのトノボードに埋まる形で後ろに倒れています。
これはリアに座る人が、手動で起こして使いますが、誰も乗っていない時は、運転席からスイッチ一つで自動で倒せます・・・なんだこりゃ。
倒れ方も、バタンと勢いよく倒れます。
背もたれが高い位置まであって、その上に来るヘッドレストなので、人がいない時は確かに邪魔物でしかないんですが、せっかくなら、自動で起こせるようにしておけばいいのに。
下手に人が乗ってる時にスイッチに触っちゃったら、むち打ちになりかねません。
でも、リアシートは、さすがに今まで乗った中で最上のものでした。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:38 PM  Comments (2)

駐車場にて

ふう、お盆の実家回りから帰ってきました。
この夏は暑い、と言われますが、そのせいもあって、日中のスーパーなんかは涼みに来るお客も多く、駐車場は相当ごった返しています。
先日、家族でちょっとした買い物に出掛けた時、駐車場が混みあっていて、なかなか空いた場所がありません。
でも、こういう時、206で出かけると、「軽」と書いてあるところでも、ピッタリ収まるので助かります。
この日も、やっと見つけたスペースが「軽」スペースでしたが、問題なく駐車できました。
さて、買い物も無事済んで、206に乗り込み、出ようとしたら、駐車場を探すクルマが何台もつながっています。
そんな中、おお、フェラーリだ! 360が、流れをせき止めてくれました。
見ると、オネーサンが二人で乗ってらっしゃいます。
真っ赤なフェラーリが流れをせき止めてくれたおかげで我が家の206号は駐車スペースからクルマを出せましたが、どうも、360さんは、ワタシのために流れを止めてくれたわけではないらしく、ワタシの出たスペースにクルマを入れようという目論見があったようです。
で・・・も、ワタシの駐めていたスペースは、「軽」のスペースです。
クルマを出した後、ゆっくり進みながら、バックミラーで様子を見ていましたが、360号は、最初バックで入れようとして、一瞬止まりました。
オネーサン達が凍った音が聞こえました。
これは難しそうだと気づいたらしく、次に頭から入れようとして(おお、がんばる)、やっぱり無理だと気づいたようで、諦めて他を探しに行ったようでした。
オネーサンたち、その後どこかに駐められたでしょうか。
その帰りに百均に寄ったのですが、入り口に一番近い障害者用の駐車スペースに真っ黒なCベ○ツの窓も真っ黒なフィルム貼り仕様が入ってきて駐め、中からどう見ても障害をお持ちでなさそうな若い兄ちゃんが出てきました。
(もちろんワタシは咎める勇気は持ち合わせていません)
こういうことをする人がいるから、ベ○ツって、印象悪いイメージがぬぐえないんですよね。
駐車場にも、いろんなドラマがあります。
しかし、この時のワタシは、この二日後にCベンツとちょっとした関係ができるのをまだ知りませんでした。

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:14 PM  Comments (3)

夏の不具合 ドア内張り 3

さて、その日はよかったんですが、また2、3日でズズズとこすれるようになってきました。
仕方なしにリターンマッチです。
ドア自体は下がっている感じではないので、こうなったら、革を削るしかありません。
いったい、この革の部分の厚みがどのくらいなのか、どれくらい削れば伸びても干渉しなくなるのか、そもそも革を削っちゃって大丈夫なのか?
いろいろ分からない事だらけなんですが、とにかく、このズズズ感を何とかしたい気持ちが優先で、やっちまうことにしました。
もう一度内張りを引っぺがし、恐る恐るカッターの刃を当てます。
そーっと引いてみると、おお、意外ときれいに削れてきます。
感じとしてはリンゴの皮を剥いている感じと、カンナで木を削っている感じの中間と言いましょうか、とにかく、黒いツルツル革が、灰色のバックスキンのような雰囲気に変わってきます。
はじめはおっかなびっくり、そーっとそーっとやってますが、だんだんと大胆に削っていきます。
でも、これ、厚さとして何ミリくらい削れているのかさっぱりピンときません。
けっこう削り心地がよくて、サーッサーッとやっていると、おっと、やり過ぎて地肌に到達してしまった! なんてトコロが二カ所できてしまいました。
が、なんだか、もう感覚がマヒしてます。
いい気になって、随分削っちゃいました。
この、バックスキン状にボサボサした断面は、何らかの加工が必要でしょうが、今のところ作戦が立ってません。
どこかホームセンターかなんかで、適当なケア用品を見つけなくちゃ。
さて、再び、ドアに戻して、今のところ一週間以上経過しましたが、思い切って削っただけあって、干渉は起こってません。
ドアが普通に開くなんてコトにも感動できるのはエリならではでしょうか(苦笑)。

Filed under: 111R — カーマくん 7:33 PM  Comments (3)

夏の不具合 ドア内張り 2

さて、原因はほぼ分かりましたが、どうやって直しましょう。
これ、去年の夏から特に苦になり出したので、去年、秋の車検の時にACマインズのF氏に相談した所、「ドアを持ち上げるか、下の革の部分を削ってしまうかですかね」とのことでした。
車検は秋で、もうその頃には、干渉しなくなっていたのと、革の部分を削り取るという荒技も気が引けたので、取りあえずうっちゃっておきました。
ところが、また夏が巡ってくると、出るんですね、幽霊・・・じゃなくて稲川ジュンジ・・・でもなくて、ドア内張りとサイドシルとの干渉。
これ、扉を開ける時に、ググッというか、ガサガサッというか、とにかく、不快な引っ掛かりなんです。
もともとこういう点に関してはさして高級感のあるクルマではないんですが、あまりに安っぽいトラブルの手ごたえなので、何となく気が滅入ります。
ちなみに、STDの時には、ドアを開ける時たまに、「ギィー」と言う時があって、潤滑剤注しまくりでしたが・・・。
とにかく、自分でやれそうなことはやってみよう、と思って、内張りをはがしてみました。
内張りの表に見えているビスが5本くらい、六角レンチです。
それからドアの付け根の辺りにプラスティックの内装留めが1本。
ドア後ろ側に、内張りを後ろに少しスライドさせてやらないと外れない金具が一つ。
そして、一番下に、マジックテープ(!)が二カ所。
おいおい、とどめはマジックテープかい。

(写真は、天地逆になってます、悪しからず)
ドア後ろのスライドさせる金具がちょっと鬼門でしたが、なんとか無事外すことができました。

さて、特に方針もなく外したので、何も加工もせず、できるだけ上に持ち上げる形で内張りを張り直します。
ビス留めの時も、なるべく内張りを持ち上げながら、マジックテープも極力内張りを上にずらす方向で留めてみました。
でも、やっぱりあまり持ち上がった実感もなく、ほぼ元どおりの位置で収まってしまいました。

Filed under: 111R — カーマくん 7:59 PM  Comments (0)

夏の不具合 ドア内張り 1

STDの時はドアの内張りは、プラスティックむき出し(これ、「内張り」と言えるの?)でしたが、111Rになると、ちょっと高級っぽく、革張りになっています。
実際高級に見えるかどうかはともかくとして、黒革で落ち着いていて、少なくともプラスティックの時の安っぽさはなくなっています。
ところが、この革の内張りがくせ者なんです。
エリーゼの場合、例の高いサイドシルにかぶさる形で内張りが来るのですが、

この内張りが、夏になると、湿気と暑さのためか、若干伸びるみたいなんです。
不定愁訴的に起こるので、ひどく暑い日でも大丈夫な時もあるんですが、基本的に蒸し暑い日、ドアを開けようとすると、グググッと、何かがこすれている抵抗感があります。
どうもサイドシルの上面と、内張りの下端が干渉しあっているようです。
はじめは、ドアが下がっているせいかと思いました。
でも、どうやら内張りが下の方に若干伸びているみたいなんです。
いやあ、さすがロータス、設計がタイトですね(苦笑)。
内張りとサイドシルのクリアランスが、きっと1ミリも取ってなかったんでしょう。
湿気の多い日本の夏になって、この内張りがどれほど伸びるのかわかりませんが、秋から冬、春にかけてはこの引っ掛かりは出ないので、やはり夏特有の不具合なんでしょう。

Filed under: 111R — カーマくん 6:40 PM  Comments (2)