フェラーリ328 2

328は、ギリギリ買えない、というラインを常に超えている存在でした。
予算的には、背伸びすれば買えるレベルではありましたが、ギリギリの予算で手に入れても、維持していく自信が持てませんでした。
もたもたしているうちに最終型でも10年を超えるようになってきて、ますます手を出しづらくなってきました。
そんな時、「ギリギリ買える」エリーゼSTDを買ったわけです。
ロータスも、クオリティ的には疑わしい部分がいっぱい(それは今でもですが)でしたが、それでも現代の新型なら、そんなに壊れまくることもないだろう、そもそも量産型で、ファミリーカーでも積んでいるK型エンジンだという安心感もありました。
宝石のようなフェラーリエンジンでも、古くて壊れまくっては、通勤に使うという事情からして難しいと思ったのです。
111Rへの代替の時は、探せば同じくらいの金額で328を手に入れられる状況ではあったのですが、もう、その時には、328と天秤にかけて迷うようなことは一切ありませんでした。
なんせ、エリの良さを知ってしまっていましたから。
でも今は、あの時328に行っていたら、とタマに思わなくもありません。
たまに328を見かけたりすると、やっぱりいいなあ、と思います。
前に「おはみか」に現れた328の写真を撮って、たまたま同じ角度からのエリの写真と並べてみたら、328のスマートなこと。

エリがずんぐり見えました。

(ま、そんなずんぐりなエリが好きなんですが)
そんな328も、もはや20年選手になって、ネオヒストリックの仲間入りをし始めました。
もう、さすがにファーストカーとして使う夢は無理であることが分かってきました。
お金に余裕が出来て、役に立たないクルマをもう一台買ってもいい状況になったら、真っ先に欲しいのが328です。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:50 PM  Comments (3)