「空(くう)」のボトル 1

9月14日にちょっと奥三河の山の中をひとっ走りしてきました。
ホントは13日に行く予定でしたが、地震が起こるといけないと周囲に反対され、泣く泣く延期です(チッ、ジュセリーノめ!)。
今回は、ちょっとしたテーマを設けました。
それは、「空(くう)のボトルと写真を撮る」というものです。
と言ってもなんのことかさっぱりお分かりにならない方が多いと思いますので、ちょっとフォローします。
まず、三河地方には、地酒で「空(くう)」というお酒があります。
これがまた、メチャクチャ美味い。
四合瓶で4000円しないんですが、なんせ限定販売なので、一般人にはなかなか手に入りません。
「空(くう)」はそういうお酒なんですが、奥三河の山の中には、時々、突如として、巨大なボトルが立っているのが目に飛び込んできます。
大きさは4~5メートルというところでしょうか。
走りに出かけると、たいてい1本や2本は見るので、今回はいっそ、記念写真を撮ってまわろう、という趣旨です。
ただ、いつもはけっこうストイックに走っている途中でチラッと見るだけなので、どこに立ってるのか、あまり正確に覚えていません。
が、まあ、それこそ、そうストイックに追い求めなくても、適当に見つけたら写真を撮る、というコンセプトでいいでしょう。
また、別の機会にも見つけたら写真を撮っていけばいいという軽い感じでいきましょう。
という感じで、「空」のボトル・ハンティングの始まりです。

Filed under: ドライブ — カーマくん 7:25 PM  Comments (2)