vs.ジャガーXF 1

そんなわけで、ジャガーXFに試乗できました。
外観は、メッチャカッコいいですね。
一応、前のSタイプの後継という位置付けのはずですが、どちらかというとファニーな顔でずんぐりしたイメージを与えたSタイプとは打って変わったシャープなデザインです。
ここまでやるか、というほど傾斜したフロントウィンドーから、ハッチバック? と思わせるほど緩やかに下りていくリアウィンドーのラインは、まるでクーペです。
ちなみに、フロントウィンドーの傾斜は、純クーペのXKと同じだそうです。
ライトのデザインで、横長のライトに、丸い出っ張りが上にある、逆涙目のデザインがちょっと気に入りませんが、こんなにカッコよくして、XKの立場は大丈夫? と思わせるほどです。
セールス氏の話によると、デザインは、アストンやXKでおなじみのイアン・キャラム氏だそうで、なるほど、道理でカッコいい筈です。
さて、乗り込んで、隣のセールス氏からコクピットドリルを受けます。
・・・というか、説明聞かなきゃ走れません・・・シフトレバーがありません。
エンジンは、最近おなじみのスタートボタンを長押ししてかけますが、エンジンをかけると、そのボタンの手前から、丸いダイヤルがせり出してきます。
紅白歌合戦の時の演歌歌手のようです。
同時に、ダッシュボードの所々でパネルが反転して、エアコンのルーバーが現れます。
この演出はちょっと感動です。
もう、ワタシなんかこれでコロッとダマされちゃいました。
昔、安ホテルで、ウェルカムドリンクのグラスビールがサービスされただけで、高級ホテルに感じてしまったことがありますが、それと似た感動です。
さすがに、最近はパワーシートにも慣れたワタシは、あまり戸惑うこともなく、シート座面横のスイッチでちょいちょいっと合わせられました。
で、本来シフトレバーが生えているべき所には、スティックらしきものが見当たりません。
その代わり、そのあたりに、さっきせり出してきたダイヤルがあります。
おお、コレがシフトなんだ!
ダイヤルをグリグリ回すと「P・R・N・D・S」の文字うち一つずつが切り替わって光ります。(「S」はスポーツかしら?)
そうか、考えて見れば、オートマ車なんて、レバー生やしておく必要ないもんな。
ちょっと目からウロコです。

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:07 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. ダイヤルをグリグリ回すと「P・R・N・D・S」の文字うち一つずつが切り替わって光ります・・・オンボロ欧州車に育てられたワタシには、どうも恐怖感が先立ってしまって、「もし壊れたらどうしよう」をまず考えちゃいます。貧乏は哀しいです。

    コメント by yuk — 2008年9月22日 8:55 AM
  2. あら、yukさんのイメージとは合わないお言葉です(笑)。
    でも、どんなに「オンボロ欧州車(失礼)」に育てられても、やっぱりトラブルはイヤですね。
    でも、壊れるなら、ダイヤルだろうがレバーだろうが、きっと壊れますよ(笑)。

    コメント by カーマくん — 2008年9月22日 7:54 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">