vs.ジャガーXF 2

シフトも生えてないくらいですから、サイドブレーキレバーも当然ありません。
知ってますよ、マニュアル車ならクラッチがある辺りに足踏み式のサイドブレーキペダルが・・・ない。
あ、解除はステアリングの右辺りになんかレバーがあってそれを引っ張るんだっけ? ・・・ない。
「あの、サイドブレーキの解除は・・・?」
「あ、一応、このスイッチでかけたり解除したりできますが、「D」に入れると自動的に解除されますし、クルマから下りる時には、勝手にかかりますよ」
おお、言われてみれば、シフトダイヤルの近くになんだか小さいレバーっぽいものがある。
でも、このレバーは、その気がなければ使わなくてもフルオートになってるわけです。
スゴイなあ、サイドブレーキのことなんて、まるっきり考えなくていいわけだ。
おバカになりそう。
おバカが流行っているとは言え、なんだか不安になってきます。
クルマって、こんなに「儀式」抜きで走り出せるモノなんでしたっけ?
2トン近くあるものを200キロのスピードで移動させられるのに、こんなに無防備に走り出せていいのでしょうか?
ダイヤルを回していよいよ走りだします。
ステアリングは、かなり太めで、なかなかスポーティーです。
でも、ステアリングの真ん中で、四六時中ヒョウがこっち向いて威嚇してるのはいかがなものでしょうか。
それから、パドルシフトのパドルがあって、マニュアル運転もできるのですが、これが、いらん時に触っちゃいやすい。
ワタシ、あまりパドルシフトに慣れていないのもありますが、もう少しステアリングと離れていた方がいいのかな、このパドル。
でも、あまり離れていると真剣に走る時に使いづらいのかしら。
とにかく、試乗中につい触っちゃったみたいで、いきなりエンジン回転が上がっちゃったりして、ビックリしました。
慣れの問題かもしれませんが、気をつけないとこれは危ないんじゃないかな。
慣れる前に事故らなけりゃいいけど。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:48 PM  Comments (2)