vs.ジャガーXF 3

エンジンは、XFの中では一番小さい3リッターのV6(243馬力)です。
あとは4.2リットルのV8(304馬力)と、それにスーパーチャージャーをくっつけた426馬力の3本構成です。
加速感では、3リットルでもそれほど不足する感じはありません。
充分速くて、1.7トンもあるクルマとは思えませんが、このサイズのクルマなら、気分的には4.2リットルのV8の方が似合っているんでしょうね。
あ、サイズといえば、全長4.97m、ホイールベース2.91mの堂々としたデカさです。
おいおい、ほとんどXJ食っちゃうんじゃない?
残念ながら、試乗コースがやたら混んでいたのでフル加速とか、スピード上げたままのヤンチャなコーナリングはできませんでしたが、自然な運転感覚でなかなか好印象でした。
むやみなデカさは感じませんでした。
試乗が終わって帰ってきて、クルマを収めるのに、ダイヤルをリバースに入れたら、おお、パネルにバックモニターが。
コレも、最近の高級車では珍しくもないんでしょうが、ワタシ自身は初体験だったので面白かったですね。
でも、やっぱりちゃんと首振って目視しながら、というのが基本だとは思いますが。
ジャガーは、クラシカルなデザインのXJと、その縮小版のXタイプがあって、別の方向性でXFがある、という並びです。
まあ、値段が値段だから、バンバン売れるクルマじゃないでしょうが、個人的には好きですね、このわかりやすいカッコ良さ。

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:04 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">