夜のF1 2

夜10時、裏番組で、佐藤藍子が死んじゃったのを機会にフジにチャンネルを合わせてみると、おお、走ってます走ってます。
いつも通りのF1マシンが。
なーんだ、ライト、後付けしてないじゃん・・・って当たり前か。
なんでも、ライトを後付けしなくても済むように、シンガポール政府は、公道を使ったコース全てに、サッカー場の5倍の明るさの証明を設置したとか。
(8億7000万っつってたかな)
おかげで、上空からの映像のキレイなことといったら。
巨人の足跡でも浮かんできそうなくらい美しくライトアップされてました。
そりゃ、これだけ明るきゃ、ピョコタンライトは必要ないでしょうが、実際のレースの映像は、常に少ーし薄暗くて、おかしな感じでした。
レースの方は、市街地レースの宿命か、抜きどころが少ないみたいで、1台遅いのがいると渋滞しちゃったりして、うーん、あんまり面白くない。
クラッシュするとペースカーが入らなくちゃいけなくて、ペースカーが入るタイミング次第で、順位がコロコロ入れ替わっちゃうのも、何だかつまんない。
1番衝撃的だったのは、何といっても、フェラーリのマッサが、給油パイプを差したまま、それを引きちぎってピットアウトしちゃったシーンでした。
これは、下手なクラッシュよりもよっぽど衝撃映像でした。
大惨事に至らなくて何よりでしたが、ピットロードの端っこで止まったマッサのマシンまで、ピットクルーが、必死で走って追っかけてく姿は、一服の清涼剤でした。
で、レースの方は、なんだかよくわからないうちに、アロンソが勝って、中島カズキが、8位入賞という結果でした。
さ来週は、いよいよ日本グランプリ。
富士スピードウェイの運営は今年は大丈夫でしょうか?

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:59 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

3件のコメント »
  1. 最近のF1は確かに面白くないです。単純に速さを競うのではなく、現在はタイヤ選択・ピット戦略などが重視され、コース上でのバトルよりも、いかにペース良く周回を重ねるかに重点が置かれているように思います。予選の延長のような感じ。
    スタートからゴールまで、ピット作業することなく走りきっていた頃が懐かしいですね。
    もっとも、そんな時代にマクラーレン・ホンダが16戦15勝をやらかしてしまって、いろいろなレギュレーション変更が始まったような気がしますが…

    コメント by まるし — 2008年10月1日 1:14 PM
  2. ホントに最近のF1はいまいちですねえ。神経質で紳士的すぎてツマランです。まだシンガポールはマシでしたか・・・。
    ワタシ、昔の(V83000CCだったかな?)プロストやセナの頃が好きでした。イイ意味で今よりもワイルドな勝負の迫力がありましたよね。格闘技っぽかった気がします。
    当時はまだそれほどピットに入ったりするのが厳しく制限されてなかったんで、ちょっとコネで入れてもらったりしてました。
    予選前になると、(緊張のせいか、軽くするためか)ドライバーがみんなトイレに行くんですが(今はモーターホームでしょうが・・・)、ドライバーと連れションをするのもオツなモノでした。プ**トのトイレから聞こえてきたオナラと臭さを今思い出しました。
    品性下劣ですいませんでした・・。

    コメント by yuk — 2008年10月1日 6:47 PM
  3. えー!! プロ○トのオナラとは・・・ある意味ウラヤマシイ。
    それにしても、F1って、スプリントだったと思うのですが、無理矢理ピットを使わせるようになって、性格が変わってきてしまいましたね。
    どんなスポーツでも、日本が勝ち過ぎると、ルールが変わるのは気分が悪いです。

    コメント by カーマくん — 2008年10月1日 7:53 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">