モトGP

なんか、レースネタが続きますが、日曜日の午後、暇つぶしにチャンネルをザッピングしていたら、モトGPの日本グランプリを中継していました。
バイクのレースなんて見るの、めちゃ久しぶりですし、そもそも、最近のバイクレース事情なんてさっぱりわかりませんが、見ていて面白かったです。
バイクに興味があったのなんて、もう、かれこれ25年くらい昔になります。
当時、モトGPでは、フレディ・スペンサーなんて人が出てきて、話題になってました。
ワタシ自身は、バイクの免許はありませんでしたが、一応、原付きのスポーツバイク・・・ホンダのMB50ってヤツです・・・で、「ハング・オン」のまね事なんかをしていました。
で、何となく見ていたら、ちょっと驚きました。
・・・バイクが、寝そべって走ってる・・・
いや、そりゃ、ワタシの頃だって、バイクをうんと倒して膝をこすりながらコーナーを抜けたりしてたんで、バイクが大きくバンクしながらコーナーを抜けるのは免疫があるはずでした。
でも、すごいんですね、今のバイク。
25年前とは、バンク角が比較になりません。
恥ずかしながら、マジ、コケてるように見えてしまいました。
で、バイク自体があんまり倒れるもんだから、昔のハング・オンみたいに、ライダーの「ぶら下がってる感」ってのが希薄で、なんだかとってもスムース。
それなりにお尻をずらして、膝も開いてるんですが、どうにも迫力に欠けます。
25年の間の、工業技術の進歩が、乗り方の技術も変えているみたいです。
ところで、優勝したロッシって人、なんか、昔も聞いたことがある名前なんですが、息子さんかなんか?

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:59 PM  Comments (2)