vs.ミニ・ワン 2

個人的に苦手、と言えば、オリジナルミニはセンターメーターの本家でしたね。
試乗したワンは、センターにとてつもなくでっかい(直径20センチくらい)スピードメーターがあって、ステアリングの中には、タコメーターとマルチディスプレイがあります(こちらは直径10センチくらい)。
タコメーターの真ん中のマルチディスプレイに、デジタルでスピードが表示されるので、センターのスピードメーターは、全く見ませんでした。
いっそ、タコとマルチの直径をもっとでっかくすればいいのに。
やっぱり個人的に苦手。
さて、心配していた動力性能の方ですが、こちらは、さすがBMWエンジンといったトコロでしょうか。
ほとんどストレス無く走りました・・・パワー的には。
はじめはオートマモードで走ります。
発進は、軽く踏むとやたら出足が悪いです。
で、ちょっと踏み込むとドーンと出ます。
これは、いけません。
ギクシャクしてしまって、隣のオネーサンに「下手」と思われそうです。
オネーサンに下手と思われるのは、何であれ男にとっては屈辱です。
クラウンの時と同様、もう少し無造作に踏んだ方がスムースに発進できます。
大してパワーがあるわけじゃないのに、この制御でいいのかな。
で、オートマの制御で言えば、なんとなく混んだ道向きじゃない感じです。
マニュアルで言うと、3速くらいまで加速したところでなんかの都合で一度アクセルを緩めて、もう一度加速を続行するような場合、たぶん緩めた時点でシフトアップしちゃうみたいで、再加速の時に全然パワーがついてこないんです。
で、キックダウン(って言うんでしたっけ?)で、シフトダウンするまでのラグが大きいんです。
これもやっぱり、なんかスムースさを欠きます。
試乗の間に、二度ほど同じようなシチュエーションがあったのですが、二度とも、再加速がスムースにいきませんでした。
オートマの制御自体がそうお利口さんでないのか、ワタシの走り方と相性が悪いだけなのか、オートマには不満が残りました。

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:16 PM  Comments (0)