エヴォーラのカタログ 2

カタログを開くと、まず1ページ(?)目に、ディメンションが載っています。
これが、なぜかいちいちエリーゼと比較して全長が+559(ミリ)だとか書いてあります。
印象としては、エリを110%くらい拡大コピーすると、だいたいエヴォーラになる感じです。
うーん、こんな情報はどうでもいいな。
とにかく、一回り大きいということは、そりゃ、はじめからわかってます。
下に、人を乗せた状態の透視図が描かれていますが、これ、明らかにおかしいでしょ。
後ろの人の膝が、ドライバーの背中に刺さっています。
真ん中にエヴォーラの全体像写真を挟んで、反対側は、メカニズムの説明です。
ショックはビルシュタイン、バネはアイバッハだそうです。
ブレーキはAPレーシングの4ポッド。
ディスクはフロントで350mm。
トランクは160リットル・・・って、広いの? 狭いの?
デッキはアルパインのDVDナビ。
シートはフロントがレカロ。
トランスミッションはオーソドックスな6速マニュアル。
そしてエンジンは3.5リットルのトヨタV6、VVT-iの280馬力。
ステアリングは、油圧式のパワステだそうです。
さすがにこのクラスになるとパワステなんですね。
でも、フラットボトムのステアリングはあんまり好きじゃないな。
交換しようにも、昔のエリと違って、エアバッグだの、その他にもいろんなスイッチがついてて、カンタンに換えられそうもありません。
室内の写真は、エリと比べると、ずいぶん高級感が漂っています。
エリのまま革だけ張ったヨーロッパと比べても、クラスの違いを見せつけています。
重量は、やはり1350キロ。
もう少し軽くできててほしかったものの、きっと実物がカッコよかったら、ギリギリ許せちゃうんだろうな、ワタシ。
そして、何より、最大の懸案事項であるお値段は、未確定ながら、「一千万円前後を予定しております。」とのこと。
思ったより安く、期待したより高い。
日本での発表は2009年2月、夏にデリバリー。
今のところ、仮予約も入れるつもりはさらさらないんですが、楽しみでもあり、不安でもあります。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:32 PM  Comments (5)