エヴォーラの一千万円

エヴォーラの価格は、非公式ながら内々に「一千万円程度を予定しております」と、LCIからのお手紙に謳ってありました。
さあ、一千万円って、高いのかな、安いのかな。
一応、4シーターもある、ミドルレンジのスポーツカーということで、ポルシェで言えばケイマンと911の間くらいでしょうか。
そうしてみると、まあ、一千万くらいが妥当な線かもしれません。
戦略的にもロータスの狙いは、下はケイマン、上は911を食いたいな、というトコロなんじゃないでしょうか。
この隙間作戦は、うまく行けば両方食えるし、失敗すれば両方に食われてしまうというリスクがありそうです。
そして、残念ながら、ロータス社の場合、変に色気を出した、中途半端なマーケティングは、失敗することが多い。
ロータス社が傾かないことを、切に願います。
ところで、話は戻りますが、エヴォーラの一千万円は、高いか安いか。
個人的には、決して高くない(いや、ワタシには手が出ませんよ)んだろうと思います。
でも、ここ3ヶ月ほど、「エヴォーラ積立」と改名したへそくりをしながら気がつきました。
「エリーゼ持ってるんだったら、エヴォーラに切り換える必要、ないじゃん」と。
そうです。
よりピュアなエリーゼがあるわけだから、何も一千万出してエヴォーラに走るより、エリーゼをそのまま持っておいて、差額をアルファあたりに充てた方がいいじゃん、と。
エリーゼを持ってない条件で考えても、一千万でお買い物するなら、エヴォーラ一台買うより、エリーゼと159とか、エリーゼとジャガーXタイプとか、いろんな選択肢が出てきます。
あ、なんかこれ、面白そうなので、もう一日引っ張ってみようっと。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:58 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

4件のコメント »
  1. 1500から2000万のF様P様に対しては次期エスプリをあて、500から800万のエリエクとの中間を狙ったのがエヴォーラ、ということなんでしょう。
    中間というのが中途半端、というのにつながりそうな気がします。ヨーロッパの二の舞にならないといいんですが。
    1000万でエリーゼ+実用的な趣味車、というカーマくんの意見には私も大いに賛同です。

    コメント by まるし — 2008年10月29日 8:43 PM
  2.  エリーゼやヨーロッパでは駄目でエヴォーラでないといけない、という人が余り思いつきませんね。大人四人は乗れないし(IQの方が広いぞ(笑))、せいぜい小さい子供でしょう?でも、子供がいるからといってエヴォーラ一台という人は・・・いないですよね?だったら、エリーゼ+4(5)人乗りの車になるでしょう。
     まあ、2シーターもあるようですから、エヴォーラの価値は、2+2であることではなく、ハイパフォーマンス(サーキットでのタイムはエキシージの方が上かもしれないけど)とコンフォートなことにある、ということでしょうか?
     でも、それってヨーロッパ・・・・結局、ヨーロッパが更に中途半端だったということかな?個人的にはターボでなくNAなら、前回、エリーゼではなく、ボクスターでもなく、ヨーロッパもあったのですが・・・・過給器エンジン大嫌いなので(苦笑)。

    コメント by MOY — 2008年10月30日 7:46 AM
  3. 皆さんのおっしゃることは、ワタシも全く同感です。
    とにかく見てみて、「おお、これはかっこいい」と思えば考えだすでしょうし、「あ、なにこれ」と思えば考えないでしょう。
    実物、早く見たいですね。
    外さないといいですが、ちょっと(すごく)心配・・。

    コメント by yuk — 2008年10月30日 8:20 AM
  4. どうか、お金持ちの方、みなさん、エヴォーラを買ってください。
    きっと後悔しないと思います。
    そうしていただければロータス社も安泰です。
    何にしても、早く実車を見たいものです。

    コメント by カーマくん — 2008年10月30日 8:09 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">