vs.新型トゥインゴ 2

さあ、リアシートはほとんど独立した2つのシートです。
完全に4人乗りです。
さて、そのリアシートですが、シートから床までの高さは、かなりゆったりととってあるのですが、その分、ヘッドルームはあまり余裕がありません。
フランス人は足が長いんだぞ、というイヤミでしょうか。
ばかに目線が高いです。
背もたれは、ちょっと低めで、ヘッドレストをちゃんと調整してやらないと、長距離は背中がしんどくなりそうです。
それと、リアシートが20センチくらいスライドします。
これは、完全にオンかオフかという感じで、トランクに荷物を載せるか、リアシートに人を乗せるかという選択用のようです。
割り切ってスライドさせないと、はっきりいって、いいトコ取りのようなわけにはいかなそうです。
運転席に移ると、こちらも足もとはかなりゆったりしていて、頭上はそれほど余裕がない感じです。
シートはたっぷりしたサイズで、座面のクッションも、相当分厚い感じで、フランス車らしいといえば、フランス車らしいのかもしれません。
インパネまわりは、ちょっと安っぽい感じです。
ステアリングを通して、普通にメーターのある位置には、独立したタコメーターだけがあり、スピードメーターなどは、センターメーターになっています。
さて、ご自慢のオートマは、エンジンをかけた段階では「N(ニュートラル)」です。
これ、ギアに入ったままエンジンを切ると、そのままギアが入って、万一サイドブレーキを忘れても大丈夫で、次にエンジンをかけると自然にニュートラルに入るんだそうです。
MT乗りにはなんだかよくわかりませんが、スグレモノの予感。
前でも後ろでもシフトを動かすと、ドライブになります。
アクセルをそーっと踏みながら発進です。

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:28 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">