206メーター照明故障 2

さて、裸にされたメーターパネルは、上に一つだけヘキサゴンのネジがあります。
これを外しても、メーターが外れてくるわけでもなく、また、様子を見ながらキコキコやって、天の声が降りてくるのを待ちます。
こうしてなんとかメーターパネルが外れました。
基本的に、ネジは1カ所だけで、あとははめ込み式でした。
さあ、外れてきたメーターですが・・・えっ? いったいどれが照明?
これ、もう一段バラさなきゃダメかな。
でも、ここから先は、どうにもバラせません。
天の声も降りてきません。
そもそも、以前、メーターパネルを交換した際、メーターはバラせないのでアッセン交換となったはずでした。
だから、これ以上バラすのは無理と判断しました。
(でも、プロならばらせそうなんだけどな)
結局、これ以上バラすのはあきらめて、裏をよく見てみます。
なんだか、四角い突起物がツクツクといっぱいあります。

(勘で撮ったので、ちょっとずれた写真でごめんなさい。)
表と見比べてみると、このツクツクの位置と、ワーニングランプの位置が一致してます。
てことは、このツクツク、電球のようですね。
じゃあ、ワーニングのない位置にあるツクツクが、透過照明のための電球ですね。
おお、素人なりに、だんだん真相に近づいていきます。

Filed under: プジョー206 — カーマくん 5:24 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">