206メーター照明故障 3

ところが、この、ワーニングと一致しないツクツク、いくつかあります。
ツクツクを90度ひねると電球が外れてきます。

うーん、切れてる感じじゃありません。
そもそも、透過照明用の電球が一つじゃないのに、照明全体が消えてるってコトは、そこに至るどこかのシステムごとダウンしているハズです。
こりゃヤバイかも。
修理があんまり高くつくようだったら、しばらくは修理を諦めたほうがいいかもしれません。
夜、不便ですが、スピードだけは、レーダーで確認できます。
ただ、燃料計は見えませんので、ガス欠に注意です。
てなコトを考えながら、メーターを元に戻していきます。
システムごとダウンしてるってコトは、やっぱり疑わしいのは、ヒューズです。
そこで、もう一度、ヒューズボックス全体をよーく見回してみます。
すると、18番の近くで、ちょっと「お焦げ」のついてるような5Aヒューズがあります。

取説によると、リアフォグランプのヒューズのはずなんですが、ちょうどウチにたまたま5Aの平型ヒューズがあったので、ダメ元で交換してみました。
「ダメ元」と書きましたが、昔からのいきさつで、この取説のヒューズ一覧、今ひとつ信用できなかったこともあったので、「もしかしたら」と思う気持ちも少しあったのですが。
そしたら、ああ、トレビア~ン! なんと復旧したではありませんか。
結局、はじめに睨んだ通り、ヒューズだったんです。
つまり、取説のヒューズ一覧がやっぱりメチャメチャだったということです。
大丈夫なのか? プジョー。
取説がメチャメチャなのか、取り付けがメチャメチャなのかわかりませんが、これ、重大なコトにならなきゃいいけど。
とにかく、気をつけなきゃ。

Filed under: プジョー206 — カーマくん 6:01 PM  Comments (3)