トヨタiQ(試乗なし) 2

さて、ワタシですから、当然、リアシートにも潜り込みます。
リアシートに座るために、運転席に座ってみるようなものですから、ワタシ。
で、とにかく、助手席側から乗り込みます。
一端、助手席を一番前に出して、左のリアシートに潜り込み、助手席を少し下げます。
当然、最初の位置には戻せません。
昨日書いたように、この時のための、グローブボックスレスなわけで、確かにグローブボックスがあったのでは、助手席の人の脚が入るスペースがありません。
それにしても、リアシートは、背もたれがどうのとか、スペースがどうのというレベルではありません。
あ、でもFDより若干マシかなあ。
という程度のものです、左側は。
隣の右側には、運転席に標準的な男性が座ったら、大人は乗れません。
トヨタも3+1と言ってますが、まあ、ベビーシートやチャイルドシートをつけるだけでしょうね。
昔、「間違いだらけのクルマ選び」なんかで、ポルシェやRX-7のリアシートについて、「あるだけマシ」とか「雨の日に友人を駅まで送るなら」と書かれていましたが、iQのリアシートもそんなレベルです。
そりゃ、2シーターよりも、あるだけマシでしょう。
でも、このクルマ、どう使うんでしょうか。
ファーストカーとしてはなかなか使いづらそうですし、セカンドカーなら、雨の日に友人を駅まで送る時は、ファーストカーのほうを使うでしょうし・・・。
まあ、なにも諦めず、欲張っているところがトヨタらしくて、そこがトヨタ車の良さでもあり、悪さでもあるんでしょうけど。
でも、さすがにトランクは諦めてます。
トランクを作った、というより、リアシートの後ろに、少しスペースがある、というレベルで、一般には奥行きと表現すべきところは10センチくらいです。
たぶんビートのトランクくらいだと思います。
実際には、リアシートがトランク代わりとなるんでしょうね。
灯油、運びにくそう・・・。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:39 PM  Comments (2)