ヴィッツ(試乗なし)

iQの隣にヴィッツがありました。
iQと比べると、80センチほど大きいので、ずいぶん大きく見えるかと思いきや、見慣れたプロポーションなので、非常にバランスよく見えます。
縦横比の関係もあって、iQの方が、幅が広く見えます。
ただ、ヴィッツは、旧型のスタイルの方がバランスよくて好きなんですが。
時間がなくて、試乗できませんでしたが、いろいろ見てきました。
運転席は、センターメーターなのが気に入りませんが、よくできています。
旧型ベースのファンカーゴで苦になった、膝周辺も、おかしな位置に物入れがなくなったためか、余裕がある感じで、万一の時にも、膝だけがやられるコトはなさそうです。
驚いたのはリアシートです。
分割可倒のない、安いグレードでしたが、座面の高さも高く、ヘッドスペース、レッグスペースとも、収まりのよい広さです。
背もたれも、高い位置まであって、きちんと座れます。
安いクルマの場合、特にリアの背もたれがダメな場合が多いんですが、ちゃんとできてます。
トランクも、ビックリするほどではありませんが、まっとうな広さです。
iQを見た後だから、という点をさっぴいても、ちゃんとしてます。
ただ、リアシートを倒しても、トランクの床面と倒したリアシートの背もたれと段差ができてしまい、この点はちょっとマイナスです。
ヴィッツより下のクラスのパッソはリアシートの座面も下がり、フルフラットにできるのに、格上のはずのヴィッツができないとは、トヨタらしからぬ構成で、ちょっと納得いきません。
初代ヴィッツが、スターレットやターセル/コルサなど、トヨタの小型車を統合して、トヨタとしては、背水の陣というか、渾身の一作として物凄く真面目に考えたクルマだと思います。
二代目になっても、そのコンセプトをしっかり受け継いだ、真面目な作りのクルマだという点は変わっていないようです。
少なくとも、「小さく作る」という錦の御旗の下、「小さいんだから」という甘えの感じられるiQより、うんといいクルマだと思うんですけどね。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 6:55 PM  Comments (4)