フェアレディZ(試乗なし) 1

ナマZを見てきました。
黄色のボディの、バージョンSTという、スポーティ兼豪華仕様のヤツです。
Zは、先代から、基本的にベースモデルと、スポーティ仕様のS、豪華仕様のT、両方仕様のSTというラインナップですが、また、長く作る中で、特別仕様などが追加されていくんでしょうね。
さて、外から見てみると、写真で見慣れた以上に、相当グラマラスです。
先代より、全長で65ミリ、ホイールベースで100ミリ短縮されて、全幅は30ミリ広がっています。
まあ、そういう数値以上にグラマラスに見えるのは、タイヤのフェンダーが、相当膨らまされているからでしょうね。
まず、リアフェンダーの膨らみに目が行きますが、フロントフェンダーもなかなかのものです。
ちょうど、3代前のZ31の時に、マイナーチェンジで3000ccのシリーズがフェンダーをドーンと膨らませて、それを強調した写真で広告を作っていたのを思い出しました。
リアフェンダーの膨らみに対して、リアエンドは、かなり絞り込まれているので、正面から、斜め前方にかけて廻りながら見ていると、真横くらいに来るまで、リアエンドが見えてきません。
ここは好みの分かれるところでしょうが、なんかちょっと、文字通り「尻すぼみ」な感じです。
全体としては、先代と初代を足して2で割ったようなデザインです。
先代、先々代では、リアまで真っすぐ伸びていたウエストラインですが、新型はちょっと特徴を持たせています。
ドア後端あたりに向けて、ウエストラインがちょっと下がり気味になって、その後、2段階で跳ね上がって、ルーフラインから降りてきたリアハッチのラインにぶつかります。
このラインの跳ね上がり方が、初代(S30)を彷彿とさせるのですね。
・・・って、原稿を作ってたら、今まさに、初めてZのCMやってて、見ました。
S30がチラッと登場します。
おいおい、分かりやす過ぎるぞ、日産。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:13 PM  Comments (4)