vs.フェアレディZ 1

フェアレディZに試乗してきました。
まあ、買う気はないのですが、国産スポーツカーの場合、デビュー後すぐに試乗しておかないと、試乗する機会がないですからね。
さて、試乗車に充てられているのは、Zの中でも、高級兼スポーツの欲張りバージョンのバージョンSTの6MTです。
やまぶき色のボディが、燦然と輝いています。
が、黄色は個人的に苦手。
ボディカラーはともかく、なんでも、MTの試乗車は県内でもほとんどないらしく、岐阜や静岡からも試乗に来た人がいるそうです。
試乗コースは、ほんの10分もかからないくらいの短いコースでしたから、遠路はるばる来た人には、ちょっと納得いかない距離でしょうね。
Zについては、試乗以外のレポートは前にしたので、今回は、試乗の印象のみ書いていきます。
その中でも、ハンドリングは試せませんでしたから、エンジンフィールと、Z自慢のシンクロレブコントロール付き6速マニュアルに絞ってレポートしていきます。
さあ、運転席に座って、ポジションを合わせます。
これは、割としっくりと合わせられました。
ステアリングは、メーターごと上下するチルト方式ですが、テレスコピックはあったのかなかったのか、確認しそびれました。
でも、テレスコなしでも、ステアリングが遠いわけでもなく、ピッタリ決まりました。
いよいよエンジンをかけます。
もう、最近はプッシュスタートの方式にも慣れましたが、古い人間のワタシは、イグニッションは「ひねる」というイメージが強くて、あんまり好きじゃありません。
ステアリング左側のボタンを押すと、エンジンがかかります。
果たしてそのフィーリングやいかに。

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:52 PM  Comments (0)